バイクな話題

なるほど、右も左も左が鍵なのか! ←たぶんわかってない


https://news.webike.net/2018/12/19/147626/

右へ曲がった時に、あ、今の良い感じ!これをそのまま左でもやれば良いんだな!
なーんて思って今度は左に曲がる時に自分では同じようなことをやって曲がったつもりでもなんだかぎくしゃくしてしまう。
自分のどんくささを痛感する訳ですが、これを読むとなーんだみんなそうなのか!と一安心

今でもその滑る様は目を覆わんばかりのへっぽこスキーヤーさぼてんですが、中坊時代のもっともっと酷かった頃の話。
曲がることすらできないもんだからボーゲンでゆっくり斜めに滑ってはパタっと倒れ、起き上がって方向転換してまた反対側へゆっくり滑ってパタっと倒れて・・・を繰り返しておりました。
そんな有様でも楽しいんだからスキーって不思議なもんです。
そこへたまたま同じ日に同じスキー場に来てた友人が突然現れ「お前何しょん?(笑)」「うっせー」「しょうがない、教えちゃろう」
と、わたしのあまりの酷さにコーチを買って出て曲がり方を教えてくれました。
彼曰く「左へ曲がるときは大げさに右アッパーをする感じでやってみーや」
これは左へ曲がりたい時はストックを持つ右手をコークスクリュー気味でひねりながら右下から左上に向かってアッパーを打つようにすることで自然と右肩が下がり右膝が曲がる、そうすれば右の腰がグイっと前に入っていくことで体全体が左向きになる、こうなればもう自然と左へ曲がっていきます。
体の各パーツの動かし方を教えるんじゃなくて「アッパー」という言葉で面白く表現して、ただ拳を意識するだけで体重移動のやり方を楽しく理解させようってことなんですね。今でも感心してるんですがヤツは天才なのか?
ま、実際教師にはならなかったものの教員免状を持ってるような男なんですが。
彼とは小学生時代、剣道やらスポーツ少年団のソフトボールで共に汗を流した仲なんですが、その頃からわたしが「何の技術も教えてくれず、根性だけでやらせるような教え方はおかしい」と小ざかしいことを言っていた(三つ子の魂百までとは良く言ったもんですなw)のを覚えててくれたんでしょうな。
一緒に滑っては「ほりゃ右アッパー」「左アッパーじゃー!」って面白おかしく教えてくれました。
それが凄く楽しくて、わたしのスキー好きを決定付けた出来事でもあった訳です。
今でもスキーに行けばそのやり方を頭の中でイメージして滑ってますし、そのスキー教室(笑)の数年後に限定解除すべく先輩から延々とスラロームの練習をさせられてテンパってた時も、ふと彼の教えを思い出して「体重移動、あれでええんちゃうん?」って気付いたことでなんだか極意を掴んだような気分になったのをすごく覚えています。

ていうか彼のアッパー理論(笑)はバイク乗ってても通用するなって今でもそう思いながら乗ってますし。

今回この記事を読んでもコーナリングとは腰=お尻の体重移動のやり方であるということ、そして別の記事では腕の入れ方にも言及されていましたのでそれを裏付けてくれてるのかなと感じた次第。
そして更にその中で右へ曲がるときも左へ曲がる時も「左」意識することが大事なんだという新しい考え方、アドバイスなんだと読み解きました。
解釈が間違っていたら申し訳ない。



そりゃ嫌がるわ ~GSX750Sのアップハンドル

https://young-machine.com/2018/12/25/20719/

耕運機の何が悪いだ!いながもんをバガにするでねぇだ!

と病院に差し入れてもらった雑誌で特集されてたカタナの記事を読みながら憤慨したあの日(ちなみに岡山弁はこんなんじゃありません)
アップハンドル良いじゃん、何が気に食わないの?むしろアップハンドル歓迎だろ、とよくよく写真も見ずに思っていたのですが、この度当時の詳細な写真を見ることができました。さすがはヤングマシン、やることがにくいね。 ←手のひら返し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ嫌がるわ(笑)

 

まさかここまでアップなハンドルだとは思いもよりませんでした。
この写真、普通のハンドルと違ってかなり傾かせてるのは、運輸省にはハンドル立てた状態で通しておいて発売にあたってはポジションだけでもセパハンな雰囲気を醸し出そうとした結果でしょうか?
スズキの苦悩を感じさせますな。てかやることが極端だわw

上限750ccの自主規制ってのは当時のナナハンの大排気量感からしてまぁ100歩譲ってわからないでもないとしても、記事中の「カウリングがダメ」っていう当時の謎規制によってあのカタナの特徴的なスクリーンも付いてないんだとか。
暴走族 → カウル → 規制じゃ規制じゃ!ワッチョイ!っていうところなんですかねぇ。
アップハンドルじゃなきゃダメなら尚のことスクリーン要るだろうに、運輸省は鬼か?
高速ではさぞ向かい風に苦しんだこととご推察致します。大変でしたな、当時のオーナー諸兄。

とここまで書いておいてGSX750Sは正しくはカタナじゃないということが判明。
よくよく見てみると「刀」マークも無いです。
ナナハンでカタナの名前が付いたのはリトラクタブルヘッドライトになってからなんだとか(wikiより)
えー、カタナじゃないのー、ただのGSXなのー?
GSXの世界は魑魅魍魎ですなぁ。
え?でも秀吉が乗ってたのってリトラクタブルじゃないけどカタナって呼んでなかったか?あれは1100だったのか?

ここんところかつて読んだ漫画の記憶がヤバいことになっております。
伊集院さんがラジオで言ってたようにハットリくん(リメイク前)は常にお面を被ってるっていうエピソードを読んだ記憶がわたしにもあるんだけど、kindleで旧ハットリくんをDLしてもそんなエピソードは載ってないんだよねぇ。
とあるところへメールしてみたらなしのつぶてだし。
またか、また無視ってか!今度はわしに藤子Podcastを立ち上げろと言うのか! ←たぶんバイクより語れる(笑)



排気量をちょっとずつ増やすのがトレンド(死語) ~新型ディアベルは1260cc


https://response.jp/article/2019/01/22/318332.html

 

 

 

 

 

 

 

ディアベルに心を奪われ五とせ、頭金の用意さえできんこのあてぇが何の因果かBMWの手先
おまんら、許さんぜよ

スケバン刑事=麻宮サキは当時「セーラー服」の代名詞的存在だったスーパーウルトラ清純派斉藤由貴が舌ったらずにタンカ切ったりモロバレな吹き替えアクションをやってる姿を見て「プッ」ってなる感じが良かったんだと思います。
あれがあったから二代目以降の荒唐無稽な設定も受け入れられたんだよなー、みたいな。
あとⅡだとGメン75の望月源治がナタ持って大暴れする様がトラウマになっていたわたしは蟹江敬三が最後まで主人公側だったのを観て、あ、この人はもう悪役なんかやらないポジションになったんだなというのを認識したドラマでもあります。

そんな話はどうでもよく。(Podcastの余談が減ったと思ったらこいつは・・・)

当時民主党政権下で70円台にまでなった円高で輸入車が激安だった頃がさぼてんがバイクを物色していた頃です。
なのでディアベルやモンスターも購入候補でした。
結局ディーラーが遠すぎて諦めたんですが、5年後何の因果かその近くにあるBMWでR1200Rを買うことになったという。
(この文章を書いてて冒頭のフレーズが思い浮かんだので思わずそれから書き始めてしまいました。)

で、そのディアベル
BMW Rシリーズの50ccアップに続きこちらは60ccアップ。
60ccのボアアップと軽く言ってはみるものの、シリンダーの容量を変えるなんてあらゆるところに影響が出るんじゃないかと考えると一大事な出来事のように思ったり、そういうことを見越して元々エンジンのガワ(なんて呼ぶのかは知らん)を厚めにしてるんだろうか?という疑問もあったり。
それは逆に騒音値を上げることにならないのか?と思ったり。

で、この毎度毎度繰り返される規制対応のための排気量アップというのはどういう根拠に基づくものなのでしょう?
国産車では生産終了したはずの隼が100ccアップさせて出すのは規制対応らしいし、過去にはW650が800になったのも規制対応と聞きました。
じゃあゼファーも750から850にして復活させーよ!
というか規制強化に対して排気量増で対応できる意味が理解できません。
1200を1250にしなきゃならないんだったら、それまで1100だったバイクは1150か?1150だったバイクは1200か?
じゃあ1200でも良いってことじゃねーかっていうことにはならないのだろうか?

と思って検索すると、規制に対してとってもわかり易いサイトがあったのでご紹介
https://bike-lineage.org/etc/bike-trivia/gas_regulation.html
https://bike-lineage.org/etc/bike-trivia/noise_regulation.html

なるほど・・・バイクって虐げられてるのね・・・
排気量アップが規制とどう関係するのかっていう記述は無かったけど、想像するに排気量アップによって検査するアイドリング時の回転数が落ちる=騒音基準値をクリアするっていう目論みなのかな?と想像してみました。
まぁ単体で考えるとそれで納得いくんだけど、こっちの1150が1200になったのと、あっちの1200が1250になったことへの整合性は取れないっていうモヤモヤは残るんだけども。
それよりもここ最近のディーラー再編の理由とか、SRがいつまで経っても安くなるどころか高くなってる要因、4本出しマフラーどころかどれもこれも全部集合になってる理由もわかったのは非常に大きな収穫でした。

と言うことで今回の結論
「僕は唯派」



GSRが正しかったということか ~Z250フルモデルチェンジ



https://news.webike.net/2019/01/23/149343/

 

 

 

 

 

一目でカワサキのスーパーネイキッドとして認識できるシルエットを形成している。

とのことだけど、これ青色にしたのがその辺に置いてあったら100%GSRと見間違える自信があります! ←いばるな

そして「スーパーネイキッド」だと?ストリートファイターじゃないのか?いつの間に?
前に「SFは商業的に失敗」なんて記事をどこかで読んで「マジか!」と驚いたり、先日モデルチェンジのあったZ650を見て「あれ?」と思ったりしたのですが、まさかカワサキはさりげなくSFを無かったことにしようとしているんでしょうか?カワサキ的にはそれで良いのか?
ただGSRはとっても乗りやすいという評判しか目にしません。GSRをディスってるところって見たことが無い。
SFっていうのは「ネイキッドでレプリカ並みの走行性能がどうたらこうたら・・・」って書いていたのを読んだ記憶がありますので、もしかするとGSRとか今回のZこそがSFの正常進化形、SN(スーパーネイキッド)ってことになるのかな?と想像してみました。間違ってても知らん。
数多あるプロレスブログなんか間違いだらけの妄想ばっかり書き散らかした挙句、全部「夢」だとか「プロレス愛」で済ませてるぞ、わたしの書くこともそれと同じだ。「夢」と「バイク愛」だ。

あとどうしてもZで4気筒じゃないってところが腑に落ちないんですが、エンジンはパラレルツイン。いやいや、並列2気筒と書け。
ていうかDAEGみたいなのは直列って言うのになんで2気筒になったら並列になるんだ?教えてエロい人。(偉い人不可)
ということはWと同じか・・・。
大丈夫か?謎の振動は出ないのか? ←すっかりトラウマ

例の自己修復塗装は無し。
1回多く塗装炉をくぐらせるだけじゃないか、売価として+2万くらいでしょ?トップコートくらいやれば良いのに。
そのお値段は税込み597,240円
60万を切るってのがミソなのかもネー

てか250ccで60万か・・・
あのZXR250も当時60万
物価やらもろもろ考えてこれは安くなってるという認識でよろしいんでしょうか?(ちなみにバリオスは50万)



小宇宙(コスモ)がオーラとなって燃え立つあの姿は! ~カワサキの自己修復塗装


http://news.bikebros.co.jp/model/news20190116-07/

「一握りの灰さえあれば鳳凰星座(フェニックス)の聖衣(クロス)は蘇るのだ!」

-ちなみに15歳-

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかはバイクもこうなるといいですネー

レイダー野良猫引っかき事件がブーバイクステッカーを作るきっかけだったんですが、レイダーを下取りに出す時にお店のおっちゃんが「これ磨いたら消えるな」ってことでコンパウンドでムニムニしたら綺麗さっぱり無くなりました。
ある程度の厚みで塗装してれば猫のひっかき傷でもなんとかなるもんなんですな。
だからって塗装を5コートくらいやって膜厚稼ぐよりもトップコートする方が安上がりなんだろうけど。

ってことでこの度発売されたカワサキのNinja H2 SXとVERSYS 1000 SEに自己修復塗装が施工されています。

なぜ同時期に出たNinja650やZ650にはやらないんだ?っていう疑問はさておき、自己修復塗装ってのは何年も前にレクサスやBMWが出してる車で既に実装されてたので、てっきりBMWのバイクも全部そうなってるもんだと「ケッ、何を今更」って思ってたらバイクでは今回のH2やヴェルシスが最初なのね。
何をボケボケしてんだ、BMW。

「自己修復」と聞くと傷口へウニウニと塗料が伸びてきて塞ぐ的なイメージをしてしまいがち。
実際、徴用工問題で注目の新日鉄住金の出してるガルバリウム鋼板は傷口へウニウニと亜鉛めっきが溶け出して錆を防ぐものだったように記憶してますが、この塗装はそんな原理じゃなくって、塗装の一番上に粘度の高いトップコートをすることで時間が経てば凹んだところが元に戻る的なもの。
それを「傷」と言って良いのか?という疑問はこれまたさておき、この塗装がレクサスGSだったかに実装された当時、ガラスコーティング業界が騒然としたのを覚えています。
そりゃそうですわな、そんなトップコートの上にガラスコーティングなんかしたら何の意味も無くなりますもん。
いつの間にか「大丈夫です!」ってことになってるっぽいけど(笑)
まぁそんなコーティングをやろうって人でミクロレベルの塗装の膜厚まで管理できるようなユーザーなんか一握りどころじゃなくほぼゼロなんだろうから、だーれも検証なんてしてないでしょうからねぇ。
かくいうわたしも今乗ってる車を買ったときに専用の業者へガラスコーティングに出したんですけど、なんかツヤってるなくらいで実際何がどう違うかなんてぜーんぜんわかんなかったし。
えらい高くついた自己満足でしたよ。

ということでカワサキに先を越されてしまったけど、こうなったら次期R1250Rでその塗装いきましょう。

あ、いや、また「ムキー!」ってなるのでわたしが買い換えるまでやんなくて良いです。



LINE@登録下さい

LINE@(ラインアット)へ登録いただいたら更新連絡をLINEメール送信します。

どうでも良い楽屋噺付き(笑)

LINEのID検索で@gwt6639f よろしく。(@も必要)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたら送信ボタンをクリックして送信して下さい。