バイクな話題

どうせヨーロッパのカワサキカスタムは日本に入ってこないし

カワサキイタリアから、イタリアのカスタムビルダー「Mr.Martini」とコラボした「Vulcan(バルカン)70」をイタリア国内限定100台で販売することを発表した。車体価格は日本円で130万円台となる。(10990ユーロ)

だそうです。

re-wrt-wer-twer-twe-r-twertwert-wertwer

 

 

 

 

 

 

 

わたしもマッハ風味を出すにはどんなバイクをベースにすれば良いんだろう?と割と真剣に妄想検討したことがあったんですが、面白いところをつまんできましたね~。その発想は無かったなぁ。

ert-wertwert-ertwertwertwe

手前が500SSで向こう2台がバルカン70。

 

 

 
そもそもがナメリカンなバルカンなのに手を加えるとそれっぽく見えちゃうのが不思議。

ただ500SSをモチーフにしてるみたいだけど、そうなってくるなら無理矢理にでも3本出しマフラーにしてもらわねばいけませんな。
そしてテールカウルは500SSっぽくしてるのかもだけど、500SSにはグラブバーがありますからねぇ。グラブバー付けないんだったら(なぜ付けないんでしょう?)むしろここは印象的にはゼファーっぽく跳ね上げた方がマッハ風味が出たように感じました。

さぼてんがバイクを物色していた頃に見たドイツかどこかのモーターショーに参考出品されてたZ800のZ1風カスタム、あれもなしのつぶてだし、そもそもJ125を入れようって考えもないし。
これも日本に入る可能性は限りなくゼロに近い様子。

「宇宙を認識することができる人間という生物がいるからこそ宇宙は存在するのだ」という考え方がありますが、それの逆で、買えないものは存在していないも同じなのだから、わざわざその存在を報じていただかなくても結構なんですけどねぇ。 ←ひねくれ者

LINEで送る
[`evernote` not found]


電人サボーガー、ゴー! ~グロムモデルチェンジ


http://www.honda.co.jp/GROM/
pic-lib03

 

 

 

 

 

 

 

「誰にも似てない、誰にも真似できない」

特撮作品は多々ありますが数々の超人、改造人間、サイボーグを差し置いて最強と噂されるのが「電人サボーガー」主人公の大門豊です(生身の人間なのに)
コンクリートの壁を叩き壊せる力と全身やけどからもサクっと復活する回復力はザボーガー要らないんじゃね?ってほどの圧倒的な強さで、同じくアイアンキング要らねんじゃね?の静弦太郎と双璧を成すものだったり。

ということでモデルチェンジしてザボーガーそっくりになったグロムなのであります。
125ccを買うにあたってはおそらく誰しもが候補の中に挙げるであろうバイクなのではないでしょうか。
ここに来てのいきなりのモデルチェンジはZ125の影響が大きいんでしょうねぇ。ルックスだけならあっち選んじゃいますもんねぇ(笑)

個人的にはこういうのを50ccで出してもらってかつてのNS50Fみたいに「おっ、今は原付しか持ってないけど将来ステップアップするつもりじゃな、がんばれよー」的な存在に仕上げて欲しいなぁという気持ちがあります。
それか原付免許での乗れる範囲を拡大してくれるか。

ザボーガーは重量500キロなのでマシーンザボーガー(バイク形態)も同じ重量のはず。あれでレイダーより重いの?あんなタイヤじゃ持たんぞ!とか言っちゃだめです。
一方このグロムは104キロ。軽い!
そしてダイモニウムエネルギーも枯渇していて動くことができないザボーガーに対してグロムのエネルギーはシェールガスの実用化によってあと百年は戦えるようになったガソリン。万全!(もういいって)

燃費は脅威の70.5km/L
カブ並み?
もうこうなってくるとタンク容量を倍増させてツアラーとして熟成させて欲しいものですな(適当)

お値段税込み34.6万円。排気量×1000円を価格評価基準に置きたいわたしとしては超割高感は否めません。
これがせめて20万くらいになってくれればバイク人口の裾野も広がるんだろうけどなー

あ、あと「倒立サスが本格装備」って書くのなら正立は本格じゃないと言うことでよろしいんですな?>Mr.Bikeの中の人

LINEで送る
[`evernote` not found]


750SSを生で見てみたいなー ~6/5に絶版二輪車祭【絶祭】開催


http://zessai.com/
zessai_01-213x300

造形が好きというのもあるんですが、どっちかと言えばキカイダーヲタとしての側面から750SS(ハカイダー)とか500SS(キカイダー)に興味があるわたし。試乗車に無いのが非常に残念です。
という事で別にマッハなら何でも良いって訳じゃなくって。同じ250なら250SSじゃなくてKH250(ハカイダー三人衆他)の方に興味があります。

こういうイベントってやべぇ人率高いでしょうに、よくもまぁあんなバイクを試乗させようって気になったもんだと感心します。
まぁ何かあれば弁償?保険を使うのかな?そういうことになるんでしょうけど、例のカタナの一件のようにお金で解決できないこともあると思うんですけどねぇ。
なんとなくですけど、(高くても)部品とかなんとかなりそうなバイクを選んでるんでるのかな?みたいなことは感じてますが。

しかしこうして並んで見るとZ1のスタイリッシュさは別次元ですな。何コレ?こんなのが何十年も前に出てたの?みたいな。
アメトーークでのケンコバのZ1ってもっちゃり感凄くって、「Z1大したことないな」なんて思ったもんなんだけどアングルの問題なのかなぁ?
この前の東京モーターサイクルショーで初めて見た750RSにしてもょっちゅう目にするゼファーにしても、この系統のカッコよさこそがライダーを増やす材料になりえるはずなのに。
なぜそれがわからんのだろう?中古市場でのゼファーの異様な価格とかXJR人気(400だけだけど)とか新車販売でのDAEGの売上とか、そんなのだけじゃ説得力無いのかな?

今回の新規制対応について、そうじゃなくてもCBやXJR、DAEGの太でかいマフラーはもう限界なんだ・・・という話も一見わからないじゃないんだけど、じゃあMT-09やZのエンジンをそのまま使って外装だけ換えてくれっていうのは筋が通ってないんだろうか・・・

こういうこと言うと、いや3気筒が・・・とか空冷が・・・とか言って来るヤカラがいる訳でありまして、じゃあユーザーはホントにエンジン形式でバイクを選んでるのか?という疑義が一方にあるんですねぇ。
それが一時PODCASTで言ってたエンジン形式どうのこうのって話しに繋がるんですねぇ。

ご理解いただけましたでしょうか?

ということで西日本でも【絶祭】をぜひ! ←全然話が繋がってない

LINEで送る
[`evernote` not found]


懐かしカラーリングのKLXファイナルエディション

長年ビギナーからベテランまで気軽にオフロードを楽しめるデュアルパーパスモデルとして親しまれてきた、KLX250。 この度Final Editionとして最後を飾るに相応しいカラー&グラフィックを採用致しました。 ライムグリーンに塗装されたフレーム、「KLX」のロゴが入ったシュラウド等「闘う、4スト。」を連想させるデビュー当時のカラー&グラフィックをモディファイし懐かしさだけではなく最近のトレンドも盛り込んだ斬新な仕上がりになっています。

http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/klx250/
20160415_newscv_k301

次々と生産終了&本年度限りとなるファイナルエディション発売が噂されるカワサキのバイクにおいて、遂にその第一弾となるKLX250のファイナルエディションが発表されました。
グラフィックを「闘う、4スト。」のキャッチフレーズで登場した初代KLXのカラーリングでまとめたこのバイク。
うむ、実はさぼてん的には全然懐かしくないぞ、と言ってみたりしつつもなんとなく色使いに時代を感じるのはなぜなんでしょう?シートの色かな?
フレームまで塗装してくるあたりが気合を感じさせるんですが、この気合の入り方が一層DAEGファイナルエディションのライムグリーン確率を増加させてくれて憂鬱になります。

発売日は5月15日。しかしながら予約販売分で終了するとみました。
お値段税込み約56.5万円。2016年モデルは約55.5万円。ちょっぴり値上げしてるのは塗装費用でしょうか。

新車で手に入れるにはこの機会しかない、急げ!(わたしはいらない)

LINEで送る
[`evernote` not found]


いかん、超欲しい ~伊・SWM Motorcycles、SILVER VASE&GRAN MILANO


GarageAperto_SilverVase_STAND_RGB-680x452

イタリア伝説のオフロードブランド「SWM Motorcycles」から、70年代ビンテージオフロードレーサーのデザインとなる『SILVER VASE』の国内発売が発表された。輸入元としてはMV AGUSTA JAPANが国内販売を担当する。

最近なんでもかんでも伝説化する風潮には辟易してる訳で、淘汰されたから退場したんだろ?と思うことしきりなんですが、それはさておきこれはなかなかよろしいですわよ奥様。

ネイキッド的なスクランブラー的な雰囲気を色濃く残してますけど、こういうのもオフローダーと言うんですねぇ。
バイクというものがこうやって徐々に分化してったというのがなんとなくわかったような気がします。
さながらガウォークって認識でよろしいですか?

燃費が公表されてないっぽいんだけどタンク容量が22.5Lもあって重量が150kgってなれば、燃費20km/Lでも航続距離450キロ。まさかの500キロ越えもありえる?みたいな可能性もあって、大飯ぐらいのイタ車というわたしの偏狭なイメージも吹き飛ばしてくれるかも。

排気量は440ccのところ、日本向けに400ccもラインナップされるんだとか。
そんな大量生産してる訳でもないでしょうにホイホイと排気量の違うエンジンを用意できるの?っていう疑問が・・・
どこかから供給してもらうにしても、それはそれで別物のバイクになっちゃう予感がするんですけどー。

なにはともあれマフラー複数出しってのが最高のツボ。これだけでやられちゃうのでありますですよ。

・・・あれ?

あれれ?

単気筒なのに???
シリンダー数より多いマフラーって初めて見ました。
こういうことできるのかー。じゃあXSR700を4本出しにしてしまうことを強く希望しておきたいと思います。

お値段税込み約67万円。
イタ車ってことを考えるとお安いんでしょうねぇ、きっと。

しかしGRAN MILANOっていわば「大大阪」って名乗ってるようなもので、イタリア人的にはどうなんでしょうな。

LINEで送る
[`evernote` not found]


1 / 4612345...102030...最後 »

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。