バイクな話題

TRICITY、遂に発売


http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2014/0325/tricity.html
ただしタイで。
日本ではそういう法律ができたんで小型二輪扱いになる訳だけど、外国ではどういう扱いになるんでしょうな。

気になる全幅は735mm
マジェスティSが715mm、PCXが740mmなのを考えると前二輪になったから幅広になったという様子は無さそう。
スイスイいけそうですね。
ステップのところもスルーな形状になってるんで、使い勝手からいけばPCXより上か?的な気配も。
スクーターの足下がフラットになってるとなにげに重宝するんですよね。

前の東京モーターショーでしたか、そこでヤマハの人に質問された方がいて「自立はしない」という答えをもらっていたと記憶しています。
三輪だから倒れないって思って「乗せて乗せて~」って気軽に言われた挙げ句、スタンド立てずにバイク離れてガッシャーン!って事例が多発しような気配。
スタンド立てなくても自立して、パーキングブレーキで固定できると更に利便性上がったんですけどね。
そこまで求めるのは酷なのかな。



けしからん谷間だ


http://www.autoby.jp/blog/2014/03/post-782e.html
わたしが知らない人は全て「謎の男」「謎の女」でくくるのがブーバイク。

大阪モーターサイクルショーのキャンギャルと思わしき謎の女が大変けしからんことになっています。
ただ会場ではいろんなバイクに跨ってるみたいで「一般人なのかな?」と思ってみたり、そうなるとコスプレだのなんだので集まる女性の方々もこっちへ来ればもっと注目されるだろうにって思って見たり。
それともこういうのって特定のメーカー専属って訳じゃなくて、「大阪モーターサイクルショー」が契約してるのかな? ←結局何も知らない

Wikiを見るといろいろと見てはいけなかったんじゃないかって情報もあったりするんですが、彼女はなんでも女雀士としての顔も持つそうです。
うーん、振り込んでみたい(笑)



UNDER400増刊カワサキスペシャル買ってきた


s-2014-03-24 21.33.58

カワサキ=大型って印象なのに実は万遍なくラインナップを揃えてるっていう。
わたしのお目当てはKLX125。
個人的にはKLX250よりかっちょいいとか思ったりするんですが、やっぱり小さいですねぇ。
まぁ小さいで言えば125なんてどれもそうですけど、KLXはその上に細いんですよね。もう後ろから見るとひょろひょろで(笑)、わたしなんかが乗るとサーカスで自転車か何かに乗ってる熊状態になるのが目に見えてるってのがなんとも・・・。 ←痩せろよ

最後の方のページに載ってたGPZ400は懐かしかったですねぇ。NSRやTZR、FZRみたいな派手なカラーリングのバイクが走ってる中で真っ黒に赤ラインっていうシックな出で立ちは異彩を放っていたと言いますか、お前らとはひと味違うんだ的な主張があったと言うか。
わたしなんかninja=黒いGPZだったんで、久々に戻って来て似ても似つかない緑色のバイクがninjaを名乗っていたのに非常に違和感を覚えたものです。

歴代のバイクもいっぱい出てて嬉しかったんだけど、どれもこれも小さすぎ。
もっと大々的にやってくれれば・・・百科事典くらいになっちゃうか(笑)



こんなの出されちゃ日本メーカーには太刀打ちできませんぜ、ダンナ


http://toyokeizai.net/articles/-/33113
BMWの新型、「R nineT」は改造を前提にしたバイクなんだとか。
BMWなんて「はい、これですよ」って何から何まで揃えてくれたものを提供するってイメージでしたがカスタムパーツへも進出して来ちゃうんですね。品質保証は大丈夫なのかな。

メーカーが用意してくれたパーツに組み替えるというのが改造と言えるのかどうかってのは意見の分かれるところでしょうけど、我々ビギナーにはこういうのはとっつき易い手法だと思います。ダイハツの軽でも似たようなのあったですね。
SRなんか海外でも国内でもとんでもない仕様になってたりしますし、例のハーレーがインドで作ろうってやつもカフェレーサー的改造を見据えてるようなルックスだし、こういう方面からでもバイク界の盛り上がりの一端になれば嬉しいところ。

ただわたし的にはこの「レトロモダン」というまさにこのバイクのためにあるかのような言葉を体現してて、ライダーだけじゃなくてドライバーにさえも一目でBMWだとわかるこのルックス?デザイン?ここへあえて手を加えたくないなぁって思いました。
四輪方面では徳なんとかって人を筆頭に、新車をスクープしてる雑誌なんかでも外車に対する評価がえらく甘くって、ちょっとイライラしたりなんかするんですけど、こういうのを見てしまうとさすがはBMWと言わざるを得ないんですよね。

価格は税抜き190万円。
ちょっと前のものすごい円高の頃は外車の割安感は相当なものでしたけど、まぁこうなりますわな。



二輪車ETC取付に助成金


国土交通省高速道路課は12日、二輪車ETCの車載器新規購入者を対象に1万5000円分の購入助成を決めた。購入費用の割引ではなく、同額分を無料通行ができるETCマイレージポイントとして付与する意向。

とのこと。

「おい!」
と思わず声をあげたくなる決定。
もっと早くやってよ・・・

とは言うものの、助成金ってことは結局は税金から出てくる訳で自分で払ってるのと何ら変わらない(こともないけど)訳なんですが。
とりあえず「財源がないから!」って消費税アップを主張し続けてた新聞が一方で自分らには優遇税制とかもう訳わかりません。足りないって言ってるアナタたちが更に足りなくさせようとかって一体どういう思考回路なんでしょう?
我々が就活してる時、新聞社から内定もらってた人達って確か優秀な人達だったと記憶してるんですけどねぇ。引き算もできないような人達だったっけなぁ・・・?

それはさておきETC取付比率が上がれば例のスマートICみたいなのが増えて、その結果高速の利便性も高まってくれれば嬉しいところ。
高速バス停留所なんかのスペースを利用したバイク専用スマートICとかwktkが止まりませんな。



PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。