なるほど、右も左も左が鍵なのか! ←たぶんわかってない


https://news.webike.net/2018/12/19/147626/

右へ曲がった時に、あ、今の良い感じ!これをそのまま左でもやれば良いんだな!
なーんて思って今度は左に曲がる時に自分では同じようなことをやって曲がったつもりでもなんだかぎくしゃくしてしまう。
自分のどんくささを痛感する訳ですが、これを読むとなーんだみんなそうなのか!と一安心

今でもその滑る様は目を覆わんばかりのへっぽこスキーヤーさぼてんですが、中坊時代のもっともっと酷かった頃の話。
曲がることすらできないもんだからボーゲンでゆっくり斜めに滑ってはパタっと倒れ、起き上がって方向転換してまた反対側へゆっくり滑ってパタっと倒れて・・・を繰り返しておりました。
そんな有様でも楽しいんだからスキーって不思議なもんです。
そこへたまたま同じ日に同じスキー場に来てた友人が突然現れ「お前何しょん?(笑)」「うっせー」「しょうがない、教えちゃろう」
と、わたしのあまりの酷さにコーチを買って出て曲がり方を教えてくれました。
彼曰く「左へ曲がるときは大げさに右アッパーをする感じでやってみーや」
これは左へ曲がりたい時はストックを持つ右手をコークスクリュー気味でひねりながら右下から左上に向かってアッパーを打つようにすることで自然と右肩が下がり右膝が曲がる、そうすれば右の腰がグイっと前に入っていくことで体全体が左向きになる、こうなればもう自然と左へ曲がっていきます。
体の各パーツの動かし方を教えるんじゃなくて「アッパー」という言葉で面白く表現して、ただ拳を意識するだけで体重移動のやり方を楽しく理解させようってことなんですね。今でも感心してるんですがヤツは天才なのか?
ま、実際教師にはならなかったものの教員免状を持ってるような男なんですが。
彼とは小学生時代、剣道やらスポーツ少年団のソフトボールで共に汗を流した仲なんですが、その頃からわたしが「何の技術も教えてくれず、根性だけでやらせるような教え方はおかしい」と小ざかしいことを言っていた(三つ子の魂百までとは良く言ったもんですなw)のを覚えててくれたんでしょうな。
一緒に滑っては「ほりゃ右アッパー」「左アッパーじゃー!」って面白おかしく教えてくれました。
それが凄く楽しくて、わたしのスキー好きを決定付けた出来事でもあった訳です。
今でもスキーに行けばそのやり方を頭の中でイメージして滑ってますし、そのスキー教室(笑)の数年後に限定解除すべく先輩から延々とスラロームの練習をさせられてテンパってた時も、ふと彼の教えを思い出して「体重移動、あれでええんちゃうん?」って気付いたことでなんだか極意を掴んだような気分になったのをすごく覚えています。

ていうか彼のアッパー理論(笑)はバイク乗ってても通用するなって今でもそう思いながら乗ってますし。

今回この記事を読んでもコーナリングとは腰=お尻の体重移動のやり方であるということ、そして別の記事では腕の入れ方にも言及されていましたのでそれを裏付けてくれてるのかなと感じた次第。
そして更にその中で右へ曲がるときも左へ曲がる時も「左」意識することが大事なんだという新しい考え方、アドバイスなんだと読み解きました。
解釈が間違っていたら申し訳ない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

LINE@登録下さい

LINE@(ラインアット)へ登録いただいたら更新連絡をLINEメール送信します。

どうでも良い楽屋噺付き(笑)

LINEのID検索で@gwt6639f よろしく。(@も必要)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたら送信ボタンをクリックして送信して下さい。