*

バイカーズカフェ Z-YARDさんへ行ってきました


http://www.z-yard.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前キャンプのついでに寄ったラーメン屋「笠北」がすっかり気に入ったので、久々の訪問に合わせてこちらも常々行きたいと思いつつ挫折を繰り返していた岡山県南西部にあるライダーズカフェにも「今度こそ!」とばかりに訪問してきました。

「笠北」さんには開店よりちょっと後の10時半頃に到着。
先客は4人。
前に14時の閉店ぎりぎりに飛び込んだ時は並んで待ったので、行くならオープン直後のこの時間帯だな、と把握。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずの綺麗なラーメンに感動したり、ここは井原市役所のすぐそばでIngress(まだやってんの?)のポータルが山程あるところなので一通りポータルキャプチャーなんかをしておいて向かった先は笠岡市郊外にある「Z-YARD」さん。

笠北のある井原市を南下して笠岡市に入り、ナビの案内する道を進むんですが何やらわたしが幼き頃に作った秘密基地にでもたどり着くんじゃないだろうか?っていうようなすごい道へと入って行かされます。
「おいおいおい」と思いながら、この家なのか?ってところへ思い切って入っていくと裏手にそれらしき建物があってホッと一安心。
以前のわたしなら最初の細い道侵入のところでギブして帰っていたことでしょう。

外観はすごくおしゃれでちょっと感動すらします。これはぜひ行ってご自分の目で確かめていただきたい。

先客は姫路方面から来たっぽい若いおにーちゃん二人
謎のノートを渡されたので、わたしも記入してブーステを1枚貼っておく。
(これから訪問する人は探してみてネ!)

メニューはこれだけ。

かつては食事もあったみたいなんだけど、今はカップ麺を売ってるだけ。
オーナーがライダーたちとお話する時間が欲しくてこのスタイルに落ち着いてるってどこかのブログに書いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

ま、お話も何もわたしはほぼ完全放置されてましたけどネ!
パッと見で話しかけたい相手と近付きたくもない相手、公平とか平等とか関係なく人には第一印象での好き嫌いってもんが厳然たる事実としてあるのはこの人生で身に染みて理解しています。
そしてわたしは自分自身がバリバリの後者であることも自覚してますし、こういうことには慣れっこで放置なんていつものことですから受け流すこともできます。
でもそれができない人は変な期待をして行っても心が折れるだけなのでご注意下さい。
というかそもそもカフェとはお茶するところであって、店員と客がナァナァになる場ではないのでこれが普通の姿。
もし店の人と昵懇になりたいのなら客側からグイグイ行くべきでしょうね。

そうこうしているうちに団体さんがやってきたので、いくら鋼のぼっち心を持つわたしでもヒロシさんが言うところの大勢の中の孤独を楽しめるまでのメンタルは持ち合わせていないので、残ったコーヒーを急いで胃袋へ流し込んで次なるカフェへ向かうべく出発したのであります。



カワサキが体感型ショールーム「K Used&Rental TOKYO」を東京・大田区にオープン


https://www.kawasaki-usedrental.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

「なにっ大田区だと?」って調べてみたら、なんと!ブーの聖地蒲田の近くじゃないですか!
これは今度の東京MCSの時に行かねば!行ってH2を借りねば!
ただレンタルシステムにはどこを探しても「免責」という文言が無くて、もしもの時は修理代+休車保障費用を請求されるとのこと。
H2なんかコカした日にゃあ何十万請求くるかわかったもんじゃないっていう。
なぜ免責を付けてくれないんだろう???

あとサイトでは24時間レンタルを勧めてるけど、H2なんか借りて蒲田のホテル前に停めてたら朝には100%無くなってるように思います(笑)

地方民にとってはレンタルバイクなら羽田にあるんでそっちの方が何かにつけて便利って気はしますが、現行カワサキ車が全モデル全色揃ってるお店なんか東京と言えども滅多に無いと思うので、カワサキのバイクを購入しようかって人が実車を見に行くには非常に良いお店だと思います。
買うのが前提なら試乗してコカしてもそのまま買っちゃえば良いんだし ←他人事だと思って・・・

とりあえず蒲田泊の日は時間がありますし矢口渡ってイニシエ系食堂で良いのがあるようなんで、そこへ行くのも兼ねてZ900RSのラインナップを見に行ってみようかと思っています。
ああっ、ますます東京MCSへ行く意味が薄れていく・・・



お肉とクーポンが当たる! ~NEXCO西日本でくじ


https://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/h31/0214/

古物商を介するっていう「それ誰が考えたんだ?」っていう手口は超変化球ではあるもののまぁわからんでもないパチンコ。
でもこういうクーポンが当たります!っていうものが富くじとどう違うのかがいまいち理解できません。

くじを直接買ってないから良いっていう解釈なのかな?

「じじぃが鮎食って泣く漫画」でお馴染みw美味しんぼで「サシの入った肉は不健康な牛の肉」なんてことを山岡士郎か海原雄山が言ってたのを読んで「ふむふむなるほど」と思ってはみたものの、不健康だろうが何だろうが良い感じで脂身が入ってるお肉が美味しいと感じるんだからしょうがない。
鴨池に鰯水が言ってた言葉を山岡親子には言ってやりたい気分です。

 

 

 

 

 

 

あと至高との対戦で負けたメニューも究極のメニューに加えてるのはどうかと思います。

ということでNEXCO西日本がSA・PAで1500円使えば、お肉やSA・PAで使えるクーポンが当たるスマートくじがもらえるキャンペーンを3月限定でやるとのこと。
他の地域でよくやってる定額乗り放題キャンペーンじゃないのね・・・
西日本乗り放題1000円とかやれば良いのに ←財源のことは考えずに言う

神戸牛が美味しそう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもねぇ、SAで1500円も使うのってお土産買い忘れた人と家族でご飯食べてる人たちくらいじゃないですか。
土産物コーナーに人はわんさか居るけど、みんなずっと運転してて退屈だったから土産物でも見るかっていうおじさんばっかりでだーれも買ってないじゃん。
更に仮にこのくじに当たってもお肉は別として、高速入らなきゃ使えないクーポンとかいただいても我々一般庶民はそんな高速道路ばっかり利用してねーんですわ旦那!って感じです。
クーポンなどという一定数使われないことを前提にしたようなおためごかしめいたもので誤魔化すんじゃなく、そのまま高速を出る時に料金から差し引くっていうありがたみがすぐわかって我々にも利益へ直結する方向でやってくれないといけませんわな。
でもいちいちETCカード抜き取ってそこへ紐付けるってのは現実的じゃないから、ここはETCカードへ紐付けたアプリを作ってそこから高速道路料金の割引に反映させる・・・みたいなやり方でいかがでしょう?

あと支払いでWAONを使えばもらえるポイントが2倍になるんだとか。
WAONポイントってANAマイルへ交換していくうちに半分以下になっちゃうからANAマイラーはWAONなんか使わないのよねー
まぁNEXCOが飛行機を推奨するようなキャンペーンなんかする訳が無いのはわかるけど、なぜ組む相手が高速道路と関係無さそうなイオン?イオンの物流関係者目当て?
でもエネオスと組むTポイントは問題があったからねぇ、じゃらんのリクルートとか良かったんでは?(てかPontaがANAに近いのだw)
てかさー、ANAとはいまいちでもWAONはJALマイルとは親和性高かったんじゃなかったっけ?それは良いのか?

あとここだけの話、実はわたしETCのマイレージに加入していません(どれだけ損したか考えたくないので見て見ぬフリを決め込んでいます)



キャンプ道具を語らう:ブーバイクラジオ#156、配信開始しました。


https://goo.gl/5zWqrV
mp4はコチラ

このたびパソコンが新しくなりまして、今回からわたしだけが心機一転の回です。
そんないろいろなアプリを使ってる訳じゃないんですけど、ちまちまやってたら環境設定に一週間かかっちゃいました。
ついでというか勢いというかヤケクソ(←いつもの悪い癖)というかで録音機材も一新しました。
新しい道具ってのは勝手が違うんで非常に戸惑いつつも「これも音質のため」と自分に言い聞かせて使ってみた訳ですが、そもそも加工しまくってるブーだと出来上がりに大した違いは無かったっていう。
ぬぉぉぉぉ、なけなしの金がぁぁぁぁぁ!
もうこうなったらmp3をCBR320Kbpsまで引き上げるしかないのかもしれん! ←もう何が目的なのかを見失ってる

今回は・・・

・なんスか、今のは
・メスティンを焦がす
・「メスティンレシピ」はブーのバイブル
・失敗ばかりの買い物
・OD缶シフトの是非
・来年こそはピコグリル
・買うとドア
・ドッペルギャンガーの不思議
・バイク積載問題
・ガソリンタンクの位置
・引き続きLINE@よろしく
・東京モーターサイクルショーは口実
・マルベル堂だ!

などのお話です

斬新な提案がいっぱい

買うとドアはコチラ



なるほど、右も左も左が鍵なのか! ←たぶんわかってない


https://news.webike.net/2018/12/19/147626/

右へ曲がった時に、あ、今の良い感じ!これをそのまま左でもやれば良いんだな!
なーんて思って今度は左に曲がる時に自分では同じようなことをやって曲がったつもりでもなんだかぎくしゃくしてしまう。
自分のどんくささを痛感する訳ですが、これを読むとなーんだみんなそうなのか!と一安心

今でもその滑る様は目を覆わんばかりのへっぽこスキーヤーさぼてんですが、中坊時代のもっともっと酷かった頃の話。
曲がることすらできないもんだからボーゲンでゆっくり斜めに滑ってはパタっと倒れ、起き上がって方向転換してまた反対側へゆっくり滑ってパタっと倒れて・・・を繰り返しておりました。
そんな有様でも楽しいんだからスキーって不思議なもんです。
そこへたまたま同じ日に同じスキー場に来てた友人が突然現れ「お前何しょん?(笑)」「うっせー」「しょうがない、教えちゃろう」
と、わたしのあまりの酷さにコーチを買って出て曲がり方を教えてくれました。
彼曰く「左へ曲がるときは大げさに右アッパーをする感じでやってみーや」
これは左へ曲がりたい時はストックを持つ右手をコークスクリュー気味でひねりながら右下から左上に向かってアッパーを打つようにすることで自然と右肩が下がり右膝が曲がる、そうすれば右の腰がグイっと前に入っていくことで体全体が左向きになる、こうなればもう自然と左へ曲がっていきます。
体の各パーツの動かし方を教えるんじゃなくて「アッパー」という言葉で面白く表現して、ただ拳を意識するだけで体重移動のやり方を楽しく理解させようってことなんですね。今でも感心してるんですがヤツは天才なのか?
ま、実際教師にはならなかったものの教員免状を持ってるような男なんですが。
彼とは小学生時代、剣道やらスポーツ少年団のソフトボールで共に汗を流した仲なんですが、その頃からわたしが「何の技術も教えてくれず、根性だけでやらせるような教え方はおかしい」と小ざかしいことを言っていた(三つ子の魂百までとは良く言ったもんですなw)のを覚えててくれたんでしょうな。
一緒に滑っては「ほりゃ右アッパー」「左アッパーじゃー!」って面白おかしく教えてくれました。
それが凄く楽しくて、わたしのスキー好きを決定付けた出来事でもあった訳です。
今でもスキーに行けばそのやり方を頭の中でイメージして滑ってますし、そのスキー教室(笑)の数年後に限定解除すべく先輩から延々とスラロームの練習をさせられてテンパってた時も、ふと彼の教えを思い出して「体重移動、あれでええんちゃうん?」って気付いたことでなんだか極意を掴んだような気分になったのをすごく覚えています。

ていうか彼のアッパー理論(笑)はバイク乗ってても通用するなって今でもそう思いながら乗ってますし。

今回この記事を読んでもコーナリングとは腰=お尻の体重移動のやり方であるということ、そして別の記事では腕の入れ方にも言及されていましたのでそれを裏付けてくれてるのかなと感じた次第。
そして更にその中で右へ曲がるときも左へ曲がる時も「左」意識することが大事なんだという新しい考え方、アドバイスなんだと読み解きました。
解釈が間違っていたら申し訳ない。



LINE@登録下さい

LINE@(ラインアット)へ登録いただいたら更新連絡をLINEメール送信します。

どうでも良い楽屋噺付き(笑)

LINEのID検索で@gwt6639f よろしく。(@も必要)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたら送信ボタンをクリックして送信して下さい。