Tag ‘オフィシャル’

新PCX遂に発表



http://response.jp/article/img/2014/02/04/216386/656053.html

2014年2月3日、Dunk発表会で新型PCXの発表もあったようです。
動画はそれに参加した方がアップされてるもの。
リンク先はそこで展示された新PCXの姿。
ホンダのサイトはまだ更新かかってないですが(でもユーストではホンダのオフィシャル動画が見られます)、この発表会を見る限りではどうもPCXよりもこのエンジンを50ccへ展開したDunkをプッシュしていきたい様子。

今回発表された概要は
・伝達効率3%up
・冷却性能の向上
・ロス低減で燃費向上(5%)
・全ライトにLED搭載(60%省電力化)
・後輪に低燃費タイヤ

・・・これだけ。
PCXはサラっと流して後は延々Dunkの話。
PCXに興味があって、すっかりジョブズのプレゼンに慣れてしまった我々にとってはつまらないことこの上ないプレゼンです(笑)

以前ベトナムPCXの記事を書いた時のベトナムホンダでのPCXと見たところ同じなので、そのまま輸入する感じなんでしょうか。
タンク容量は不明ですが、燃費向上と全ライトのLED化、そしてコブが消えたのは全ユーザーが喜んでるかも。
ただその燃費向上って大きさと重量の増加よって悪化したものをタイヤでカバーしてるような気がしないでもなく。
低燃費タイヤって割高ですから、燃費向上とどう折り合いをつけるかというところになるんでしょうね。
LED化はそもそもPCXの問題として、バッテリーもオルタネーターも貧弱すぎてグリップヒーターなんか付けた日にゃアイドリングストップからセルが突如回らなくなって交差点で立ち往生ってのがあって、冬は怖くてアイドリングストップできないってあたりの解消が目的なんだろうと思われます。
大きいバッテリーやオルタネーター載せると重くなっちゃうしね。

そしてやっぱり気になるのはお値段。消費税アップもあるし、
「でもお高いんでしょう?」
となっちゃうと100万台計画なんて絵に描いた餅。

そんなDunk売れると思ってるんでしょうか?かつてのDioみたいなデザインならヒットすると思うけど・・・
てか、まーた車と同じ名前にしてるし。

もっとPCXを全面に押し出して、その弟分みたいなポジションにしてDunkを売れば良いのに。



ヘルメット不要のハーレー

20140124

http://www.harley-davidson.co.jp/lineup/detail.php?model=E810

ハーレーが2/1から「トライグライド ウルトラ」を販売開始と発表。
お値段は驚きの400万。でもまぁ二輪の方を考えたらこんなもんなんだろうとは思います。
カエルの脳みそで想像してみますに二輪の免許を持ってる方がこれを買うなんて到底思えず、やっぱわざわざ二輪の免許取りに行くのは面倒だけどちょっとハーレー乗ってみてーなーみたいなお金持ちの方々が買うんだろうなと。
実物見たことある方はご存じの通り、ハーレーのトライクってドラッグスターとかでワンオフメイクされてるそれとは比べものにならないくらいのド迫力。
まぁベースが違うんだから当たり前なんですけども。
たしか新庄の札幌ドーム登場ってこれじゃなかったでしたっけ?

三輪車って「普通免許で乗れる」ってのがウリなんですけど、なにやら複雑な法体系の中に組み込まれてて非常にわかり辛いことこの上ないです。
ていうか、二輪免許持ってる人間は大概普通免許も持ってますんで我々にとってはどっちでも良い、みたいなところあるんですけどね。
まぁ欲しいとは思わないまでも、ちょっとだけ乗らせてもらえれば「ヘルメットかぶらずにKサツの前を走ってみるんだけどなぁ」とか思ったりしませんか?(笑)

これが自動車扱いで先日からよくお話しているヤマハのトリシティはなぜ二輪なのか?という疑問はWikiを読むとサクっと解決したという。
Wikiって凄いですねぇ。
そう言えばWin95のパソコン買った時にどこからかのメールだったかNiftyの告知(当時パソコン通信にハマってました)だったか忘れたんですけど、インターネットで百科事典を作るからみんな協力して、みたいなのがあったんで当時岡山にはなくて高松にしかアクセスポイントがなかったMSN(マイクロソフトのプロバイダ)へ接続して見に行ってみたら何を検索してもロクな記述が無かったのを思い出します。
ミョーな記述もあったりするけど大変なデータベースが完成したもんですね。いや、完成はしてないのか。

で、トリシティ。昔の考えでいけば自動車扱いになるところなんだけど、2008年に法改正があって
・同一線上の車軸における車輪の接地部中心の間隔が460mm未満であるもの
・車輪及び車体の一部又は全部を傾斜して旋回する構造を有するもの
っていう規定が作られたんだとか。
要は2つある方の車輪の接地してるとこの間隔が46センチ以下で、曲がるときに車体を傾けられる構造になっている必要があると。
トリシティはまさにこの記述に合致してるから二輪車扱いになるっていう論法なんですナ。
合致するというか、この法規を見据えて設計されたんだろうけど。
元々は二輪にしたくないので自動車になった三輪車だけど、場合によっては二輪でいきたいってのもあるんですね。
まぁこの場合、免許区分の問題じゃなくて税金とか維持費の関係なんだけど。

で、ハーレーは例のインド産のやつをいつ発表してくれるんでしょう?



CBR1000RRモデルチェンジ。まだまだ余力があるようにみえるのは穿ちすぎ?

20140123

http://www.honda.co.jp/news/2014/2140121-cbr1000rr.html

”アールアール”ってなんじゃそりゃ?なんて思ったのも今は昔。ダブルアールってすっかり定着した感がありますね。これがあるからZZRみたいなヘンな(すみません)名前もすんなり受け入れられたんじゃない?的な。
RRってレーシングレプリカの略と聞いたことありますけど、じゃあDJ-1RRはどういうことだったん?とおっさんは突っ込むのでアリマス。

ホンダにしては珍しく?SPタイプにはオーリンズサスやブレンボブレーキを奢るっていう贅沢仕様。
まぁ200万もするんだからそれくらい付けてくれないとリンダ困っちゃう。 ←もう開き直ってオヤジ臭全開でいくこととしよう

吸排気構造やスクリーン形状の変更で5馬力も上がったそうで、この手のバイクはそれこそレプリカと呼ばれてた時代から何年も熟成され続けてるのにまだまだベストなカタチになってないってことなんですね。

形状を見るとCBRというかホンダのアプローチがハヤブサのそれと全然違うってのもとても興味深い。
ちょっと意地になってるような気がしないでもないけど、CBRがハヤブサみたいなムチムチ体型になったらなったで大反発受けそうですけどね。

男としてカタログスペックにワクワクテカテカする件はさておくとして、市販車に最高速とか関係ないんだけどF1の例を出すまでもなく限界への挑戦こそが技術の底上げと市販車へのフィードバックをもたらす訳で、2輪車トップメーカーのホンダが燃費だけじゃなくてこういうところへ本腰を入れ始めた気配が感じられるのは嬉しい限りだなと。

しかしトリコロールなカラーリングは一目でホンダとわかるしずっとこの青赤白でやってるにも関わらず、この色合いがかつてのCBRやVRFで感じたようなものと違ってなんか安っぽく見えるのはなぜなんでしょう。
っていうか(それは600RRでしたけど)ちょっと前に雑誌で見かけた白地に薄い青のカラーリングがRRらしくなくて、逆に「RRなかなかええがな!」とさぼてんの中で非常に好感度がアップしたんですけど、ホンダのアーカイブにもGOOBIKEにもそれらしき色が無かったということはオールペンしたものだったのかな?

黒とか赤とかいいからあれを純正色で出せば良いのに。



ホンダ、始まったか?


http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD170ME_X10C14A1TJ1000/

今年の6月までに20車種を投入するんだとか。
ホンダ何かあったのかい?的なことを思う訳ですが、ちょっと見ていくと・・・

既に発表されてるのが、1/24発売の
NC750S
NC750X
インテグラ
の3車種。
カッコインテグラ!
ホンダ的にお気に入りの名前なんでしょうけど、車とバイクで同じ名前付けるのはやめて欲しいなぁ。

で、先日の東京モーターショーで市販モデルとして出展されてたのが

ゴールドウイングF6C
CB100EX
Dunk
CTX1300
VFR1200X
VFR800F
CB1300SF
CB1300SB
CB400SF
CB400SB
CB1100
CBR1000RR
CBR650F
CBR250R
CBR250R・SE

の15車種

んー、もうこれで18(笑)

さぼてんが発売を熱望しているベトナムPCXとかクロスカブのオリーブ塗色は?
残り2つ枠があるのでPCXの入り込む余地はあるし、さすがに新塗色モデルまでも新車種としてはカウントしないでしょうからオリーブクロスカブ発売の可能性も残っているんじゃないかな、いや残ってて欲しいなと。

とりあえずCBRの2気筒への転換はそろそろ止めて欲しいというか、それをCBRと呼んで良いのか?的なことをずっと思ってるんですが250はやっぱ2気筒なんでしょうね・・・

CBR系は600RRはえらくかっこいいのでその路線を踏襲するのは当然なんでしょうけど、排気量の少ないやつはどうも薄っぺらい感じなので「かつての丸目CBRみたいなどっしり感も欲しいんだけどなー」と、CBRなど1mmたりとも買う予定がないわたしが言ってみたりなんかして。



これじゃ買えねーぜよ


http://www.aucnet.co.jp/news/2014/01/10/

オークネットから、バイクオークションの12月成約排気量別ランキングが発表されました。
バリオスは先月が43万ですから大幅下落。これは時期が時期だけに今が底値なんだとか。
でも当時の新車価格が50万で、一番年式の新しいものでも7年落ちで34万とかってやっぱ割高感はありますけど、選択肢無いってのもあるんでしょうね。
そしてやはり目立つのはゼファーの73万ですか。
それだけにCB750の最高額51.8万というのが逆にお得感満載で際立ってるような気がします。
まぁわたしがそうであるように、ゼファーが欲しい人はゼファーが欲しいんであってCBで代替できるようなものではないんでしょうけども。
ハーレーの安定感は女性人気に支えられてるところも大きいんじゃないかと見ますがどんなもんでしょう?
例のインド産のやつが中古市場に出てくると大変動あるような気がするんですけどねー。まぁ市販すらされてないんで10年くらい先の話になるんでしょうけど。

こうしてみてみると400ccクラスって大型ともさほど変わらず250ccクラスより全然少ないんですね。
すっかり谷間的な感じになってる印象。
確かに大型免許が一般的になってきたことを考えると中途半端感があると言えばあります。
どうせならナナハンとか600の余裕が欲しかったり、手軽さを考えれば250ccにいきたいし。250ccの4気筒車が人気なのはそういう需要からなのかなぁと思ってみたりします。

で、ランキングはこの通り
・250ccクラス
1位 ヤマハ マジェスティ
2位 ホンダ フォルツァ
3位 スズキ スカイウェイブ
・400ccクラス
1位 ホンダ CB400SF/SB
2位 ヤマハ ドラッグスター400
3位 カワサキ ゼファー400
・401cc以上クラス
1位 ハーレー スポーツスター
2位 ホンダ CB1300SF/SB
3位 ホンダ CB750



LINE@登録下さい

LINE@(ラインアット)へ登録いただいたら更新連絡をLINEメール送信します。

どうでも良い楽屋噺付き(笑)

LINEのID検索で@gwt6639f よろしく。(@も必要)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたら送信ボタンをクリックして送信して下さい。