Tag ‘カワサキ’

ホラ、来た ~ZRX1200 DAEGに特別仕様車


http://www.kawasaki-motors.com/mc/kinfo/15new/15zr1200d.html#SPECIAL
20150215_ZRX1200_DAEG_ZR1200DFFA_LIM_sltl
先日発表の2015年モデルに緑色が無かったことで、恒例の特別仕様車が2月あたりに出るぞって書いたらもう発表されてしまいました。
緑の塗色とかオーリンズサスとかちょっと低めのシートとか、わたしが買おうと思っていた何年か前の特別仕様車と同じっぽい。
と言うかDAEGは毎年こんな感じの特別仕様車を出しててもう何が特別なのかわからなかったりするので、実はカワサキってこれこそがDAEGの主力モデルとか思ってるんじゃなかろうか?と勘ぐってみます。

しかし去年のキャンディグリーンとでも言うのかメタリックグリーンとでも言うのか、つやつやテカテカの緑もこのちょっとくすんだような緑もすっかりカワサキのイメージカラーになってますな。んー、非常に欲しい。
エンジン周りを黒く塗ってるのが気にくわないポイントだけど、これのマフラーを4本出しにして、ビキニカウルを取っ払って、丸目にすればさぼてん好みのバイクが出来上がります。
サードパーティは今どき意味不明なZ1とかゼファーとかの改造キットなんか出すよりこういう現行車の改造キットを出してクレ。

お値段は税込み約131.8万円。
標準が税込み約117.3万だからプラス14.5万。リセールなんて特別仕様車だからってそうそう変わるモンでもないんで、自分へのプラシーボも含めたオーリンズサスの価値をどう見るか、緑じゃないとイヤかどうかっていう極めて個人的な好みが判断材料になりそうですな。
わたしは断然こっちです。

販売はカワサキ正規代理店のみってなってるみたいですけど、わたしが2年前に特別仕様車を買おうとした時は正規代理店を通すことでそうじゃないお店でも買えると説明もらいました。
「なので値引きとか厳しいですけど」と言われましたけど、そんなもんは方弁だと思ってるので関係プーってところです。
たださすがは限定車、わたしが物色してたのが発表から半年くらい後だったんですが既にその時点でメーカー在庫は無く、全国の店頭在庫を探すって方法しかなくなってました。
その例で行けば今回も夏前には同じ状況になりそうな予感。

ノーマル車と同じ値段ならわからなくもないけど、それ相応の価格を取るんだから作ってくれりゃ良いのにねぇ。

LINEで送る
[`evernote` not found]


D-TRACKER125の2015年モデル発表


http://www.kawasaki-motors.com/mc/kinfo/15new/15klx125d.html
いつもは秋口にKLX125と一緒に発表されていた新年度モデルが今年はKLXのみだったことで、一部で「廃止か?」とまでウワサされていたD-TRACKER125の2015年モデルがようやく発表されました。
足回りが違うとは言え、ここまでズレるのはなぜ?

今回は、いや今回も変更点は塗色のみ。D-TRACKERとかKLXの塗色というのは(表向きは)外装樹脂パーツの成形色が変わるだけ(のはず)なんで、この場合カラーリングというのが正しいのでしょうか。
でもさりげなくここでクラッチスイッチの修正がされていれば・・・という期待もあったり、もう自分はPCXを買っちゃったんでどうでも良かったりもします。(←ひでぇヤツだ)
変更後の色はキャンディプラズマブルー×エボニーとメタリックフラットロウグレイストーン×エボニー。
20141224_news_dt01
20141224_news_dt04
前者はまぁ青かな?って想像つきますが後者の表記でこの真っ黒カラーをイメージできる人はいないんじゃないかと思います。
緑がないのはD-TRACKERではありがちなことなんで(緑は大体KLXで出る)まぁこんなもんかな?というか、黒なら余計にKLXと一緒に発表できたんじゃない?という疑問もあったりします。

お値段税込み約36.9万円
KLXは約34.9万円なんでプラス2万かぁ・・・という感じ。
あえてD-TRACKERを買う理由は乗り心地とか?オフ走らないからとか?

LINEで送る
[`evernote` not found]


ESTRELLAが2015年モデル発表


http://www.kawasaki-motors.com/mc/kinfo/15new/15bj250l.html
エストレアじゃなくてエストレヤ・・・でもなくってESTRELLA。カタカナでも良いじゃないか。
“単気筒ならではの味わいと素材を生かした質感でご好評を頂いて”いるらしい。
ネイキッドな250を考えてると最終的にコレかST250に絞られる。そして装備でこっちを選ぶ・・・みたいな流れで合ってますでしょうか?違う?

SRのキック始動と同じく、アレがエストレヤの味だ!アイデンティティなんだ!(そもそも”アイデンティティ”なんて言葉を使ってるのがおっさんの証)と言って譲ってくれない横のぽっこりカバー。
あれがもっさり感を増長しているということも言えますが、あそこがシャープになったらとたんに没個性に陥りそうな気配もあります。それでもぽっこり無くして欲しいけど。(どっちだ)

20150120_ESTRELLA_BJ250LFF_BLU_sltl
20150120_ESTRELLA_BJ250LFF_GLD_rhl
薄い青もこれをゴールドと言うのか?っていうゴールドも70年代を彷彿とさせるようなカラーリングで、レトロモダンを標榜するエストレヤには合ってるような気もします。
濃緑は残ってるんだけど、あのメタリックダークグリーン的な緑は残して欲しかったなー。

カワサキなのになかなか緑を出してくれないバイク、それがエストレヤ。
あとあの頃の写真とか現存するバイクを見ると確かにこういう色のバイクがあったのかもだけど、それって単に写真なりバイクなりが色あせてるとかそういう風にしか現像できてないだけじゃ・・・的なことを思ったりもします。
そしていつも言うのがこっち方面のレトロには一生懸命なのに、なぜゼファーを放っておくんですか!カワサキは!
Ninjaとは違う方向から攻めるH2、それこそマッハ的なKH的なアプローチがあっても良いのでは?と思う次第です。

それはそうとエストレヤ。
スペシャルエディションも塗色チェンジされています。
20150120_ESTRELLA_Special_Edition_BJ250LFFA_BLK_sltl
SEっつったって通常メッキしてるようなところをツヤ消し黒にしただけのようですが。

お値段は税込み53.352万円、SEが54.864万円。
差額1.5万か・・・。と言うことはSEの黒はめっきの上から塗装してるってことですな。

関係ありませんがわたしも乗ってる前のモデルの(涙・・・)ハリアーのフロントグリルは標準が黒なんですが、剥離剤を使うと下のメッキ層が出てきます。あの恥ずかしいレクサスエンブレムと同じくプチカスタムでよくやってる方がいらっしゃいます。

LINEで送る
[`evernote` not found]


ダエグの2015年モデル


http://www.kawasaki-motors.com/mc/kinfo/15new/15zr1200d.html
ZRXなのかZXRなのかいつもわかんなくなる(←お前だけだ)ZRX1200DAEGの2015年モデルが発表されました。
このアルファベットの並びをみてると仮面ライダーを思い出しちゃう訳ですが(←それもお前だけだ)、ライダーと言えば先日スカパーで映画版みたいなライダーをやってました。
「なんかサナギマンみてーなのがいるな」って思ってたらホントにイナズマンになったっていう(笑)そうこうしてるとアクマイザー3は出てくるわライオン丸らしきものは出てくるわ、挙げ句の果てにはポワトリンまで出てました。なんスか?あれ。
主人公らしきライダーは魔方陣みたいなのを操ってました。あれカッコイイっすな!

そんなことはさておき。

年末の風物詩・・・ってほどでもないDAEGの新モデル、変わったのは塗色だけ。
わたしが物色してた2年前はDAEGってサイドスタンド問題というものがありましたが、そのあたりはさりげなく直ってるんでしょうか?

色は黒と銀。
15ZR1200DFF_BLK
15ZR1200DFF_SIL
さては緑は2月あたりに出す(予想)特別仕様車で使おうとしてるな・・・
「シルバーはおっさん御用達」というのはホワイトベース二宮店長談ですが、この写真をみるとXJR400を半ヘルで乗ってるようなDQNな若者が好みそうな気配がプンプン漂って来ます。

実はわたしもレイダーを知るまでは「DAEGで決まり!」って動いていたんですが、とあるショップのおばちゃん奥様の対応が非常にハナについたので「こんなもん買うかい!」って怒鳴って店を出たことがあります。
もちろん声には出さず心の中で怒鳴ったんですけどね!

発売開始は2015年1月15日。
お値段は税込み117.288万円。
これの対抗車って何になるんでしょう?CB1300とかXJR1200あたり?
バイクをルックスでしか考えないわたしがDAEG購入を考えてた時ってCBとかXJRっていう選択肢は無かったなぁって感じなんですが、そもそも大型バイクって車みたいに車格が同じようなところとの比較で選んだりします?

LINEで送る
[`evernote` not found]


もう発売!? ~Ninja H2、2015年3月発売


http://www.bright.ne.jp/lineup/ninjah2/index.html
141128_03
引っ張りに引っ張るR25とは対照的につい先日発表されたばかりのバケモノ、Ninja H2が来年3月には販売開始されるそうです。
販売するのはカワサキではなくBRIGHT。これはヤマハで言うところのPRESTOみたいなもんですか?
まぁデカイNinjaはみんなそうみたいなので別段驚くことでもないんでしょうけど、「大型車のカワサキ」なのにそれで良いのか?と思ったり思わなかったり(実は思ってない)

塗色は既発表のアレ1本のみ。ツヤツヤのブラックに緑のアクセント。そしてあの黒目が後ろから走ってきたら何に乗ってても道を譲ってしまいそうです。
というかライダーだけじゃなくて誰もが振り返りそうだし、不気味な黒目のインパクトには小さい子が泣き出す&トラウマになるような気がなきにしもあらず。
しかしどんな音させて走るんでしょうなー。

・・・というようにレプリカからSSへの系譜に全く食指が動かないわたしですらもワクテカを止めることができないこの気持ち。NSRがそうであったようにH2にはそういうツマランこだわりさえも吹っ飛ばす程の魅力が溢れ出てるという証明なんだと思います。
第3次バイクブームの牽引役・・・とはならないだろうけど、象徴となる可能性は大いにありますな。
そういう意味で言えば安易なスケールダウンとかはしないでいただきたいところ。

お値段は税抜き250万+消費税20万の270万円。
「かつて世界最速だった」とか「当時としては革新的」なバイクへ200万も300万も払うのが普通になってしまってる昨今、この270万はむしろ安い部類に入るのではないかとも考える次第です。わたしにゃ買えないけど。

試乗・・・させてはくれないだろうけど乗ってみたいっすな!

こういう「一生に一度は乗ってみたい」って思うものって待っててどうにかなるってものじゃなくって、自分が積極的に乗る手立てを打っていかないと乗ることはできないんですねぇ。
そう考えると、
「Ninja H2に乗ることができるのはもう今しかない、よって買うなら今だ!」
って思考回路が働きませんか?ご同輩。

わたしもTOTOで・・・(以下略)

LINEで送る
[`evernote` not found]


3 / 1012345...10...最後 »

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。