Tag ‘カワサキ’

カワサキの電動三輪車が格好いい件

Screenshot of news.bikebros.co.jp

三輪車ブーム到来?
東京モーターショー2013で公開されているカワサキの電動三輪車のルックスがえらくカッコイイと評判です。
こういう未来的なルックスのものってコンセプトモデルで終わっちゃうことが多いし、とてもじゃないけどカワサキにこんなのを市販するような体力があるとは思えないんですが、やはりその通りカワサキ的にもちゃんと技術レベルの向上目指した開発はやってるんですよ的なアピールから出展したんだとか。

トヨタのやつみたいに前輪が前後に稼働するんじゃなくて左右に開閉する機構を持つみたいなので、車幅が変わる=道路交通法に合致しないってことなんだそうですが、法律とか関係なく自由な発想で作るとこれだけのものができてしまうんですね。

これまたトヨタがぺったんこの小さい車を発表してて(ホント、トヨタって抜かりないですね)、ものすごい意表を突いた乗り方になっていましたが、こっちの三輪車にカワサキの人?が乗ってた様子を見てもあまり乗り心地良く無さそうな・・・

大昔のマッハの特別仕様車?あのキカイダーが乗ってたやつ。うつぶせになって膝で支えてるやつ、あんなのになるのかな?
さぼてんはキカイダー大好き人間なので(だからマッハにシンパシーがあるんです)キカイダーの撮影秘話的なもので読んだんですが、膝で支えるバイクでバイクスタントを繰り返したのですっかり膝を痛めてしまって後々まで悩まれたんだとか。
その特別車は市販されてないみたいですけど、そういうのが普通に乗れるようになってたってことを考えるとこの三輪車も最近の仮面ライダーシリーズで使ってみるとかやってみて欲しいところ。

てか仮面ライダーのバイクってまだスズキが供給してるのかな? ←立花藤兵衛やライダー自作のバイクでもSUZUKIのエンブレムが輝いていたのをしっかり覚えてる昭和のおっさん



4気筒車、絶賛発売中

1121

http://www.aucnet.co.jp/news/2013/11/20/

オークネットから、バイクオークションの10月成約排気量別ランキングが発表されました。

250ccクラスは依然としてビクスク3強は変わらずですが、その下にホーネットやバリオスが入ってきてます。
ホワイトベースの二宮店長談では、このクラスの4気筒車が今異常な人気で価格も高騰してるんだとか。
たしかにどちらのバイクも一番の高年式車でも2007年式ですから(Wiki調べ)、それを考えるとホーネットの最高額45万っていうのはCB400の最高額55万と比較すればなかなかの強気設定なんじゃないでしょうか。新古車でも出たのかな?
一般的に中古市場って需要と品質は反比例しますから、それはバイクでも同じなんだと思います。悪貨は良貨を駆逐する、みたいな。
ですのでこのあたりを狙う時はそれなりの選択眼を要求されそう。
でもねぇ、なかなかブツの状態を把握するのって難しいと思うんですよね。当然のようにお店の人は良いことしか言いませんから。
せめて試乗させてくれれば納得もできるんでしょうけどねぇ。

400ccクラスの注目はスティードでしょうか。
え?今スティードがキてるの?みたいな。
ドラッグスターの半値くらいで買えるのと、ルックスがハーレー然としてるのが大きいとみましたがどんなもんでしょう?
クルーザー界隈ってなにかと肩身が狭いんですけど、こんな感じで結構売れてるのになぁ。なんで迫害されてるんだろ・・・
そして相変わらずゼファーは高いです。きっとχのファイナルエディションなんでしょうけど最高値70万て、CB1300の最高値が83万てのを考えたら凄い話だと思います。
なんかもうゼファーは中古ってカテゴリではなくなってるような気もしてるんですけど・・・

大型ではハーレーが2位のCBの倍売れてるっていう圧倒的な状態ですね。
やっぱ究極はハーレーなんだろうなぁ、という感想しか出ません。
(いろいろ言うと僻みになっちゃうんでw)

ランキングはこの通り
・250ccクラス
1位 ホンダ フォルツァ
2位 ヤマハ マジェスティ
3位 スズキ スカイウェイブ
・400ccクラス
1位 ホンダ CB400SF/SB
2位 ヤマハ ドラッグスター400
3位 ヤマハ SR400
・401cc以上クラス
1位 ハーレー スポーツスター
2位 ホンダ CB1300SF/SB
3位 ヤマハ V-MAX

400ccの3位以外は先月と変わっていません。



ネオクラシックモデルはやはりエストレヤ

1120

http://www.kawasaki-motors.com/mc/estrella/

カワサキから「東京モーターショー2013」向けとして予告されていた「250ccネオクラシックモデル」の詳細が発表されました。
大方の予想通り「250ccネオクラックモデル」とはエストレヤのモデルチェンジだということが判明。
元々エストレヤってレトロ風味って言われてるだけにパッと見、どこが変わったのかよくわからないくらいのマイナーチェンジ。
サイトにも「変わらないまま新登場」って書いてるし(笑)

メタリックブルー的な塗色はかつてのKHとかCBを彷彿とさせるんだろうけど、そんな名前を非公開にするくらいの隠し球だったのかな?と思ったり。先進技術が導入されてるようでもないし、価格が激安って訳でもないんだろうし。
J300の方がインパクトあるんじゃない?みたいな。

でも大きいウインカーが好きなさぼてん的にはウインカーの大型化は好感度アップ。
願わくばぽっこりサイドカバーもなんとかして欲しかったなぁ。(あれが良い!って声も多いみたいだけど)

エストレヤに限らずカワサキの低排気量車ってなにげに突如エンストする病が報告されてたりして、それは年度毎のマイナーチェンジでさりげなく解消されているので、今回のネオクラシックモデルで中低速に振ったというエンジン(とかインジェクション)にも何かしらの対策が施されてるような気配がプンプンしています。
これが心配で購入に二の足を踏んでる人もいるみたいなので、安心して購入に踏み切れそうですナ。
なにげにグリーン、いい味出してるし。

ツヤ消し黒塗装バージョンやオプションとしてのビキニカウルなんかも用意される様子。
これは250TRの廃止(未確認)によるカフェカスタム需要もこっちでフォローしていこうというものなんでしょうか。



エストレヤ生産終了?

Screenshot of www.kawasaki-motors.com

なんかカワサキのネタばかり続いてますが。
バイクに限らず語りたくなるメーカーってありますよね。

2ちゃんねるで「カワサキのエストレヤと250TRが新規生産終了」との情報が流れ、関連スレッドを賑わして・・・もいないんですが、それなりに話題になってるようです。
現在の予測ではエストレヤは今回の東京モーターショーで初お披露目される「250ccネオクラシックモデル」へ発展的終了、250TRは生産終了という感じで語られています。
なぜか今年のカワサキの来年度モデル発表はどの車種も遅れ気味(例年通りだったのはW800くらい?)なので、ファンの間では確定情報を待ってヤキモキしている状態が続いています。

エストレヤは女性や初心者の入門用バイクとしてまず候補に挙がりますので一定の需要があるというイメージだったのに「なぜ?」って思ったんですが、よくよく考えてみますとエストレヤを買ったっていうレビューは雑誌にしろネットにしろ、中古ばっかりなんですね。
この2013年モデルも全然見かけないし。
ま、それはさぼてんの住むところがド田舎だからという要素が99%以上を占める訳なんですが。

250TRも個人的に非常に興味がありまして(購入したいとまで思ってる)よく検索してるんですけど、全然ネタとして上がってこないしYOUTUBEでも新規投稿が出てこない状態が続いてるんですよね。
VANVANやグラストラッカーあたりと競合する上に本格的にカフェカスタムしたい人はSRへ行っちゃいますから、こっちはこっちで致し方ないのかなぁという気もします。
あと250TRってKHとかマッハ風味のカスタムのベース車としても選定されるんですけど、そもそもKHだのマッハだのを欲しがる人は実車が欲しい訳で、もどき品でも良いし!なんて殊勝な人も少ないのかも。(殊勝な人→さぼてん)

でかいバイクはやっぱ敷居が高いですから、こういう取っつきやすいバイクの存在こそがバイク人口のすそ野を広げることに役立つはずなので生産中止は悲しい限りですが、そういった役目をカワサキに負わせちゃうのは少々酷な話なのかもしれませんナ。



カワサキ、遂にスクーター市場へ参入のウワサ

Screenshot of www.khi.co.jp

カワサキがイタリア・ミラノで11/7~11/10に開催された「ミラノショー2013」に、新Z1000と並んで「J300」を出品した模様。
スクーターって言ってもその名の通り300ccなので日本的に言えばビクスクのカテゴリへ入ることになるとは思うんですが、参考出展なんかじゃなくてれっきとした2014年のヨーロッパ向けニューモデルの発表ってところに期待を抱かずにはいられません。

・・・とはいうもののどうもこのJ300、台湾最大のバイクメーカーKYMCO(キムコ)のOEMなんだとか。
「そんなメーカーがあったのか」ってことでKYMCOのサイトを見ると、なるほどDownTown300iってのとすごく似てます。
この日本的に見れば微妙な排気量なのも、出力基準のヨーロッパとか250cc超っていうカテゴリのある台湾ならではの基準なんですね。
ただこれも単にカワサキモータースヨーロッパとKYMCOだけの話じゃなくて、一部情報では日本のカワサキも1枚噛んでるって話もあって、そうなってくると俄然国内販売=125ccの追加っていう可能性も(脳内でw)浮上して来て追加情報が非常~~~~に待たれるところです。

なぜならさぼてんが原2を欲しがってるから(笑)

このJ300はミラノショーより後に開催される東京モーターショーには出品されませんし、今や海外の情報を詳細に流すことができるマスコミもないと思われるのでまたもカワサキファン(とさぼてん)のモヤモヤは続きそうです。

かつてさぼてんがDioに乗ってた頃はスクーターも多種多様で売上も各メーカーともに主力クラスだったと記憶しています。
それでもなおカワサキがスクーター市場に本格参入しなかったのは、そういう販売網を持ってなくて営業戦略上ホンダやヤマハには太刀打ちできないからだとか、二輪に対する考え方の違いだとかいろいろ言われていましたが、たしかカワサキからの公式見解は出ていなかったと思います。
KLX125とかDトラッカー125っていうラインナップを持つカワサキなら昨今の原2ブーム?的なものの手応えも感じてるでしょうから、今こそ国内でのスクーター販売にも本格的に殴り込んで来て欲しいところですナ。
アドレスVとガチ勝負できるようなのを作れるのはカワサキなんじゃないかと。

とりあえずJ300はルックスがPCXそっくりなのが国内発売における最大のハードルのように思います(笑)



ブーバイク本舗STORES店

再度オープンしました

ブーグッズを安価でひっそり配布中
なんと送料はブーバイク負担
(なのでまとめ買いを懇願)
コンビニ払いもあるヨ

LINEにて更新情報送信中

登録いただいたら更新連絡がLINEにてメール送信されます。

どうでも良い楽屋噺付き(笑)

LINEのID検索で@gwt6639f よろしく。(@も必要)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたら送信ボタンをクリックして送信して下さい。