W800とNinja250の2015年モデル


http://www.kawasaki-motors.com/mc/kinfo/15new/15ej800a.html
http://www.kawasaki-motors.com/mc/kinfo/15new/15ex250l.html
W800の新塗色はキャンディレッドとダークグリーン。
どっちもちょいメタリック入っててめっきパーツとのコンビネーションばっちり!というところ。
やっぱこれは女性がターゲットなんでしょうねぇ。

W800のBlack Editionはツヤ消し黒塗装で、ネイキッドとアメリカン、レトロとモダンって感じで全然違うんだけどなんかBOLTにぶつけてきたのかなぁなんて想像をしてみる。
そしてぜーんぜん情報が無いんだけど、ハーレーの500/700を迎え撃つのはこれになるのかなぁ?みたいなことも思わせるくらいワイルドな佇まいでこっちは若者ターゲットなのかな?

個人的にはキャプトンマフラー左右出しじゃなくて、メガホンマフラー右2本出しにして欲しいところなんだけども、そんなことしたらメグロを知る方々から大不評を浴びちゃいますか。

一方Ninja250の方は、カラーリング変更だけじゃなくてスリッパークラッチを搭載。
なにげにさぼてんのレイダーにも付いてるこのクラッチ。クラッチが軽くなる機構なんだと思ってたら、シフトダウンなんかで強烈なトルクがかかる時にわざとクラッチを滑らせることでエンブレのショックを緩和させるものなんだとか。
YZF-R1にも付いてるのもあって、先ほどのWも含めてなにげにヤマハに対抗意識?なんて思わせられたり。
機構として乗せるからにはそれ相応の耐久性があるんだろうけど、なんだかクラッチが滑りやすくなりそうでコワイっすね。
Special Editionはプレスリリースを見る限りではタンクパッドを追加したものらしいけど、それで1.5万円プラスはひどいんじゃね?って感じ。
専用塗色の青はこれまたYZFへの対抗意識アリアリって感じを醸し出してる。

お値段は税込みでそれぞれ
W800       87.5万円
W800 BE      90.6万円
Ninja250     55.4万円
Ninja250 SE     56.9万円
Ninja250 ABS SE   62万円

排気量千円を目安にするわたしとしては「Ninjaたけぇー!」ってなるのでありますが、なんでもNinja指名買いってのが急増してるんだとかで、強気の価格設定でも十分イケると踏んでるからなんでしょうね。

LINEで送る
[`evernote` not found]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。