カワサキ、バルカン900クラシックの2015年モデルを発表


http://www.kawasaki-motors.com/mc/kinfo/15new/15vn900b.html
変わったのは塗色とclassic表記がCLASSICになったことっていう。
塗色はメタリックカーボングレー1色。
2014年モデルがエボニーメタリックグラファイトグレーなんでグレーに変化はない。ちょっと濃くなった感じ。
そしてあえて名前を大文字にした意図は不明(笑)
発売開始は10/1なんでもう2014年モデルが欲しい!って言ってもダメなんでしょうな。
てかカワサキのバイクって大体年度末くらいには店頭在庫のみってなってる感じだし、この程度の変化ならどっちでも良いかな的な気がしないでもなく。

ドラッグスターもイントルーダーも400や250しかないんで、実質ライバルはハーレーの883とかヤマハの逆車あたりになるんでしょうか。BOLTはちょっと毛色違いますもんね。
そうなってくると価格面で優位に立てる訳で、今のカワサキ的には異色なナメリカンをラインナップから外さないでいるのはそういう理由もあったりするからなんだろうか?って思ったり。

バルカンと言えばフットボードとシーソー式のギアが思い浮かぶわたしなんですが、ナメリカンは足を投げ出すのもあってなにげに足の置き場に困ることがあったりしまして、こういうベタっと足を置ける機構ってのは嬉しい装備だったりします。

お値段税込み89.4万円
リンク先には純正オプションがいろいろ乗ってて、シールドやらシーシーバーやらバッグやら付けてるとあっという間に桁が1つ増えます。
買う時にはそういうのってもう全然見えなくなってたりするんですが(わたしがそうだったので)、こうして冷静にナメリカンのラインナップを見てるとバイクって贅沢品なんだな・・・って実感してしまいますナ。

先日PCXとシグナスをショップへ見に行った時に、いろいろあったんだろうなぁっていうのがすごくよくわかる相当気合いの入ったバルカンが(たぶん車検で)入庫されてました。
なんでもオーナーさんはそれで日本全国を走り回ってソロキャンプに明け暮れてるんだとか。
ナメリカンって決してメッキギラギラが至高って訳じゃないんだなってことを思い知らされたような気がしたり、オフ車でなくてもあえてハードに使うって選択肢もあるんだな、みたいな色んな可能性を見せてもらったような気がします。

レイダーをあそこまで使い倒すなんて・・・できないだろうなぁ。

LINEで送る
[`evernote` not found]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。