電人サボーガー、ゴー! ~グロムモデルチェンジ


http://www.honda.co.jp/GROM/
pic-lib03

 

 

 

 

 

 

 

「誰にも似てない、誰にも真似できない」

特撮作品は多々ありますが数々の超人、改造人間、サイボーグを差し置いて最強と噂されるのが「電人サボーガー」主人公の大門豊です(生身の人間なのに)
コンクリートの壁を叩き壊せる力と全身やけどからもサクっと復活する回復力はザボーガー要らないんじゃね?ってほどの圧倒的な強さで、同じくアイアンキング要らねんじゃね?の静弦太郎と双璧を成すものだったり。

ということでモデルチェンジしてザボーガーそっくりになったグロムなのであります。
125ccを買うにあたってはおそらく誰しもが候補の中に挙げるであろうバイクなのではないでしょうか。
ここに来てのいきなりのモデルチェンジはZ125の影響が大きいんでしょうねぇ。ルックスだけならあっち選んじゃいますもんねぇ(笑)

個人的にはこういうのを50ccで出してもらってかつてのNS50Fみたいに「おっ、今は原付しか持ってないけど将来ステップアップするつもりじゃな、がんばれよー」的な存在に仕上げて欲しいなぁという気持ちがあります。
それか原付免許での乗れる範囲を拡大してくれるか。

ザボーガーは重量500キロなのでマシーンザボーガー(バイク形態)も同じ重量のはず。あれでレイダーより重いの?あんなタイヤじゃ持たんぞ!とか言っちゃだめです。
一方このグロムは104キロ。軽い!
そしてダイモニウムエネルギーも枯渇していて動くことができないザボーガーに対してグロムのエネルギーはシェールガスの実用化によってあと百年は戦えるようになったガソリン。万全!(もういいって)

燃費は脅威の70.5km/L
カブ並み?
もうこうなってくるとタンク容量を倍増させてツアラーとして熟成させて欲しいものですな(適当)

お値段税込み34.6万円。排気量×1000円を価格評価基準に置きたいわたしとしては超割高感は否めません。
これがせめて20万くらいになってくれればバイク人口の裾野も広がるんだろうけどなー

あ、あと「倒立サスが本格装備」って書くのなら正立は本格じゃないと言うことでよろしいんですな?>Mr.Bikeの中の人

LINEで送る
[`evernote` not found]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。