オートスナックの旅 その1 仕出し弁当 おかもと

2013-11-24 09.52.42

Wikiを読むといわゆるオートレストランと呼ばれるところに置いていた各種自販機だそうです。

・・・いやいやいや、オートレストランなんてワタシも人生初耳なんですけど(笑)

昔は国道沿いなんかにドライブインと呼ばれるちょっとした休憩所があったんですね。
そこにはどこで拾って来たんだ?みたいなテーブルとかソファとか古~いゲーム機なんかが置いてあって、自販機もズラリと並んでいたのです。
その自販機の中の1つにカップ麺が出て来て自分でお湯を入れて・・・なんてのじゃなくて、お金を入れたらうどんやラーメンが自動で作られて出てくるモノがあったのです。
それがいわゆるオートスナック。自動調理器みたいなイメージでしょうか。
わたしらは「オートスナック」とかじゃなくて、普通に「自動販売機のうどん」みたいに呼んでましたが。

でもやっぱり食品を扱うものですから定期的なメンテナンスが必要なのもあって、2000年あたりを境にどんどん撤去されていってまして全国的に激減しているんだそうです。

ここではその生き残りを訪問するレポートを綴っていきたいなと思います。

まずは第1回。さぼてんのほぼ地元(笑)
(実は先週行ったんですけど、なんか整備中ってことで泣きながら帰ってきたのです。)

あまり人が多い時間帯は恥ずかしいので(←まだ羞恥心らしきものがあるらしい)、ちょっと早めの時間に出動。

さ、寒い!!

途中APEのおにーちゃんに煽られつつ(泣)サクっと到着。

メニューは「天ぷらうどん」と「天ぷら肉うどん」
価格はどちらも250円。
え?天ぷら+肉ならこっちの方がお得でしょ、ってことで「天ぷら肉うどん」をポチ。
待ち時間は30秒。その間に写真を撮る準備。iPhone出して、コンデジ出して、三脚出して・・・
チン!
え?もう?
と、あたふた。
出て来たものを見ると肉しか入ってない・・・
ボタンをよくよく見てみると、元々あった「天ぷらうどん」のラベルに肉という字を追加してる感じ。
まぁそりゃそうですよね。

イスも何も無いので立ち食い。

麺は細麺。むかし給食で出ていたソフト麺的な感じです。
非常に濃厚な良いダシが出ていて、麺と絡まってウマイウマイ。
ダシはどこに捨てるんだろう?みたいなことを思いながら食べましたけど、全部飲んでしまうくらいの美味しさ。
肉も多すぎず少なすぎず、さぼてん的にはもっとチープな肉にして欲しいくらいのものが入っています。
天ぷらうどんは食べてないんですけど、寒いときには肉うどんがうってつけのように感じました。
十分2杯いけそう。

今後あちこち回ってみるつもりが、ここへ通うことになりかねません。
というか定期的に報告することになるかも(笑)

岡山県北へお寄りの際は是非ここへも行って欲しいです。

LINEで送る
[`evernote` not found]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。