クラッチレバースイッチじゃなかったのか! ~KLX125にリコール


http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001716.html
s-20140917_news_k03

国土交通省が川崎重工業株式会社が9月17日に届け出た計8,190台の改善対策情報を掲載しています。

KLX125の2015年モデルのことを書こう書こうと思っていたんですが、あれやこれやで先延ばしにしてたらこんなニュースが出てしまいました。
対象はKLX125とD-TRACKER125の2009年発売モデルから今までの全車両。
2009年発売ということは2010年モデルかな。(ややこしい・・・)
実はKLXには突如エンストするというのと、いつまでもアイドリングが上がったままっていう不具合が2ちゃんを中心に報告されてて、それはクラッチレバースイッチ破損によるものというのが定説になっていた。(はず)
それが今回プラグキャップが溶解することで電流がリークすることが原因だったと公になった模様。
突如エンスト病は修理に出すとなにげに消えてたそうなので密かに対策は進めていたんだろうけど、まさかそこが原因だったとは・・・という感じでしょうか。
カワサキ車はエストレヤも似たような病気報告ありますんで、オーナーの方はそっちをチェックしてもらうと良いかもです。

ただアイドリングが落ちないという不具合については言及されてないので、そっちはクラッチレバースイッチが原因なのかもしれません。

小出しにしたいのか隠したいのか知らないけど、一緒にやりゃ良いのに。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブーバイク本舗STORES店

再度オープンしました

ブーグッズを安価でひっそり配布中
なんと送料はブーバイク負担
(なのでまとめ買いを懇願)
コンビニ払いもあるヨ

LINEにて更新情報送信中

登録いただいたら更新連絡がLINEにてメール送信されます。

どうでも良い楽屋噺付き(笑)

LINEのID検索で@gwt6639f よろしく。(@も必要)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたら送信ボタンをクリックして送信して下さい。