ホワイトベース新着(2014/01/26分)



YOUTUBEを活用した中古バイク販売が好評で一部には熱狂的信者もいる東京は武蔵村山市のバイク店、ホワイトベースさんが新規入荷バイクの参考動画をYOUTUBEにアップされました。
今回は
・ホンダ GB250       21.99万円
・ホンダ ホーネット      42.99万円
・スズキ GSX250SSカタナ  ?万円(売約?)
の3台です。

*価格はいずれもGoobike記載2014年1月27日のもの。
*バイクの状態については現物を見ないとなんとも言えないところなのでそっち方面への言及は致しません。

カタナと言えば先日の赤男爵の一件が思い出される訳ですが、それはまとめサイトがいろいろあるんでそっちを参照してもらうとして(最初非常に気分が悪かったですけど、最後はまぁBETTERなところへ着地できたんで良かったと言えますでしょうか)、カタナってシルバー地に赤SUZUKIってのがわたしみたいな無知人間のイメージなんですけど、これは黒に白SUZUKI。カタナのSUZUKI文字って元々大きいんでなんか異様に目立ってます。
フレームがシルバーなんで後で塗装されたものだろうとのことですけど、やっぱみんなと同じシルバーはイヤってことなんでしょうか。
ちょっともったいないなーって印象。
わたしずっと「何が”刀”なんだろう?」って不思議に思ってたんですがなんか今回の動画でのルックスをみて、「あ、そういうことか」と妙に納得してしまいました。
シートが柄でライトのへんが刃な訳ですナ
刀っていうか短刀みたいな。(違う?)
そういう意味で言えば、小刀と呼ばれるこの250ccはコンセプト通りってことになりますか。

ホーネットは15年落ちで43万という非常に強気な価格。
当時の新車価格が53万ということから考えると、250cc4気筒車のとんでもない高騰ぶりがうかがい知れます。
ただホーネットは元々高いそうですけど、先日の中古相場記事ではバリオスが7年落ちで34万というのがえらく安く感じられると言いますか・・・
まぁ店頭乗り出し価格ってことで後であれやこれや足してくるところと比べれば結局同等って感じなのかもしれませんけど、このあたりはバイクの状態を見て考える必要がありそう。
ホーネットならこれでも余裕で売れちゃうんでしょうけどね~。

これで安い時期の仕入れってことですから、春が来るとすごいことになりそうです。
でもそれってバイクが徐々に売れ始めてるってことだとも思うし、全体的な流れとしては悪くないのかもしれません。
後はこういうプレミア感覚で高騰するっていう意味不明な流れを断つためにメーカーがラインナップを増やしてくれるようになれば御の字と。

LINEで送る
[`evernote` not found]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。