結果を求められる時代 ~NM4が多色展開


http://www.honda.co.jp/NM4/color-order/

Hondaは、圧倒的存在感のある独自のスタイリングと、新感覚のライディングフィールを追求した750ccのスポーツモデル「NM4-01(エヌエムフォー ゼロワン)」と「NM4-02(エヌエムフォー ゼロツー)」に11色のカラーオーダープランを追加し、それぞれ3月2日(月)に発売します。
今回新たに設定したカラーオーダープランは、「NM4」シリーズの世界観をさらに引き立てる外観とし、お客様の多様な嗜好に合わせて選択の幅を広げることで、“自分らしさ”をより表現できるものとしています。NM4-01、NM4-02ともに、フロントフェンダー、ロアサイドカバー、アンダーカウルをボディーと同色にするとともに、タンクシェルタートップやリアセンターカウルなどには、ボディーカラーによって質感の異なるブラックを施すなど、より個性を強調しています。

pic-feature-corder

「自分らしさ」って・・・(唖然)
失われた20年の根本原因じゃないかっていうワードをこんなところで出してくるってのが今のホンダの迷走ぶりを現してますな。

実はNM4ってそもそものターゲットが意味不明。
「ワカモノがワカモノが」って言ってる一方で排気量を750ccにしてしまう。その「ワカモノ」ってのは既に大型免許を持っていたり、いきなり大型免許を取りに行っちゃうような方々なんですか?
開発陣で発言力の強いのは40代だろうと思うけど、アナタたちの世代みたいにそもそも中免所有率が高くて大型への憧れが強い頃とはワケが違うし、400以外出さないって言ってたゼファーがいつの間にか750とか1100を出してたのともワケが違う。(これはイヤミ)
トリシティの125ccですら小型免許っていうハードルがある訳で、ヤマハはそれに対して他メーカーと連携して法律の変更を求めたり、AKB卒業直後で知名度抜群だった大島優子を引っ張り出してきたりっていう手を打ってる一方で、NM4のホンダは何をしたんだろう?
同じようにまずは「ワカモノ」をバイク界へ引っ張ってくることをテーマにしないといけないんじゃないの?それを考えたら750ccってのはどうやったって却下されるでしょうよ。
本体価格だってノーマルが99.9万で、塗色指示したら102万?
買えるか!そんなもん。

コンセプトは悪くないと思うんだけど、マーケティングがなぁ・・・。
あの頃我々がものすごーーーーーーく憧れたHONDAとSONYって一体どこへ行っちゃったんだろう?

悲しいかな今のホンダってもはや我々オッサンが知ってるような”本田宗一郎の理念が云々・・・”みたいな企業じゃないんですね。
CVCCとかVTECっていう画期的なエンジンを開発してきたのに、今はなーんにも無いでしょ?ホンダ。
なんでも、とにかくコスト、コストの一辺倒で、開発陣のモチベーションはダダ下がりらしい。
とは言うものの結果を出さないとチームそのものがツブされる&個人評価激減ってことで(おそらく)やりたくもないことをやっているか、意味不明な外部コンサルに良いように振り回された結果がこの多色展開にあると見ました。
苦肉の策なんでしょうな。

もうお気の毒としか言えなくなってるNM4。このまま安らかに葬ってあげた方が良いような気が。
稀少車としてアフターマーケットで人気出ればNM4も報われるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブーバイク本舗STORES店

再度オープンしました

ブーグッズを安価でひっそり配布中
なんと送料はブーバイク負担
(なのでまとめ買いを懇願)
コンビニ払いもあるヨ

LINEにて更新情報送信中

登録いただいたら更新連絡がLINEにてメール送信されます。

どうでも良い楽屋噺付き(笑)

LINEのID検索で@gwt6639f よろしく。(@も必要)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたら送信ボタンをクリックして送信して下さい。