バイクな物品

モンスターエナジーのタンクバッグ(たぶんバッタモン)

2013-12-01 14.23.09

前々からブサイクなのは自覚していたけど、ここまでパッキングがヘタだと情けなくて涙が出る。

※ここで言う「ブサイク」とは手先が不器用という意味で、決して残念な顔という意味ではありません。決して。

まぁそんなことをおっさんになってから悔やんでみても仕方ないので、パッキングの下手さは収納スペースを増やすことによって対応することにします。
問題を金で解決しようというおっさん根性丸出しな考えについては「仕方ないがな!」と開き直るのでR ←こういう言い回しがおっさん

と、いうことで既にサイドバッグを左右に付けているところへ更にタンクバッグを導入しています。
所有者と同じようにどんどん膨らんでいく我がレイダー・・・。

アメリカンにタンクバッグというのもあまり馴染みがないと思うんですが、タンクバッグはワイズギアのレイダー用オプションのラインナップにもきっちりあるんだからきっとそれなりに需要もあるんだろう。
てか決まり切ったスタイルなんてくそくらえだ! ←イキって誤魔化す

チョイスしたのはここんところハマり気味、カロリーゼロも出て良い感じのモンスターエナジー。
今やすっかり「モンエナ=kawasaki」のイメージが出来上がっているようだけど、そんなもんは関係ブー。
むしろ今MOTO GPでモンエナがスポンサードしてるのはYAMAHAだし。
と、無理矢理自分を納得させる。

だからと言ってレイダーとモンエナには1㍉の関係も無いんだけどネー

肝心のタンクバッグは容量が少なすぎて、小物を入れておくだけなレベル。
(ワタシは軍手と電池、ウエットティッシュを入れてます。)
そのくせかさばっててメーターも邪魔するから実用度は低い。
なんのために買ったんだろう?

ま、安かったしモンエナロゴが視界に入ることでテンションが上がればそれで御の字じゃないでしょうか。

こうして買ってしまったものに無理矢理理由付けってしますよね?ね?



中華製ドライブレコーダー(二代目)、GPSPDV01

1201

大したところへは行ってないし別にどこかで公開する訳でもないんだけども、ライディングに全く自信がなかったので復習になるかなと思ってバイクを買った当初からドライブレコーダーを付けています。

当初調査してみたところではPanasonicとかSONYとか国産モノが定評がある感じ。まぁ当たり前なんですけども。
ただでかいし電源を別に取らなきゃならなかったりして、どうもわたしには向かない感じ。
そんな中、アヤシゲなブツを扱わせたら右に出る者はいないくらいド定番な上海問屋にて中華製のレコーダー「DN-SCAR-ADSBV0010」というブツが1万円弱で出ていました。
かなり小さいし乾電池駆動ということで余計な配線は要らないし、GPS内蔵でgoogleマップとも連携できるってことでわたし的に目的とばっちり合致してるってことでノータイムでポチ。

風防付けてるので風防越しでしか撮影できなくて、乱反射してしまって動画見てると酔いそうになります(笑)が、わたし的には十分な画質。トンネルに入ってもちゃんと暗視カメラ的な映像になるっていうのはなにげにすごいと思います。

電源は単4を2本ということで、こりゃ単4電池をまとめ買いしとかないとならんなーとダイソーへ行くと・・・
単4の充電池売ってました。
電池2本で100円、1度に2本充電できる充電機が1個100円。
こんなもんまで百均かよ!みたいな。
充電には6時間かかるし、自動で終わってくれる機能もついてないとは言うものの、このレコーダー用ならばそれで十分。
百均系のサイトを見るとそんなハイパワーじゃないようですが、アルカリ電池並みに活躍してくれています。
このレコーダーの最大録画時間は1時間なんですが、2回分(2時間)録画できることもありますので、予備電池6本もあればわたし的には十分かなと。

そんなこんなで気分良く使ってたある日、走行中にちょっと向きを上向きにしようと触ると落下して大破してしまいまして、あっけなくお別れすることになってしまいました。
中華なブツなんてまとめて仕入れしてそれっきり的な売り切り品ばかりですから、当然のように上海問屋にはもう在庫もなく。

泣く泣く似たようなのがないかと探して見つけたのが、サンコーレアモノショップにあった。コチラ、「GPSPDV01」というブツ。
商品説明を見ると、なんか仕様がそっくり。パソコンソフトも同じものっぽい。
もしかしてこれは上海問屋のアレがモデルチェンジしたものでは?と期待に胸(や腹)を膨らませてポチ。
それが写真のものです。

質感は大幅に向上。
わたしの失敗(落下)対策をしてくれたかのようなアタッチメント形状。
マイクを後方に持ってくることで風切り音対策もしてるっぽい。
(風切り音はスポンジ付けるとかしてユーザー側で更に対策する必要あるような気もしますが)
そして予想通り同じパソコンソフトでgoogleマップと連動してくれています。

ただ録画時間設定はデフォルトで10分になってて、ファイルがいっぱいできてしまいます。
本体部に設定を変えるようなボタンも何もないので、最大70分というのはどこで設定?
マニュアルにも設定に関する記述は一切無いし、どこにもレビューがないからどうして良いかわからずずっと悩んでたんですが、よくよく考えてみると大破したやつもたしか最初はそうだったような・・・
と思い返して「DN-SCAR-ADSBV0010」の方のマニュアルをダウンロードして読んでみると、どうも再生用ソフトの方に設定する画面があってそこからmicroSDに設定を書き込むっぽい。
そう言えば前にもそんなことやったような記憶が(笑)

なるほど、毎回起動時にちょっと時間がかかってるのは設定を読み込ませてる訳ですね。

という、まさかの現代に蘇ったクリーンコンピュータ思想のアヤシゲドライブレコーダー、再生用ソフトって言っても付加されてるGPSログからマップ上にルートを再現してくれるという機能が付いてるだけで、元のファイルは単なるAVIファイルですから適当な動画再生ソフトで再生できます。(エンコードしちゃうと当然GPSログは吹っ飛びますけどね)
走りを振り返ったりするには最適だし何よりかさばらないしで、さぼてん超オススメな一品です。

なお仕様は下記の通り

商品型番:GPSPDV01
価格:6,980円 (税込) 送料別
サイズ:(幅×奥行き×高さ)幅39.6×奥行き39.6×高さ102 (mm)
重量:55g
解像度:640 x 480 (VGA)
保存形式:AVI
撮影データ容量:1分で16MB使用
記録フレームレート:30fps
動作時間:アルカリ単四電池×2本:約70分
※大容量ニッケル水素充電池の場合約2倍動作。
対応microSDカード:32GB



ヤマハが走りを数値化し記録する無料ログアプリ、SmartRiding(スマートライディング)を公開なるも・・・

1130

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/smartriding/

対象となるのはiPhone4S以降。動画を撮影してそれを解析してライディングスキルを数値化、目で見えるようにしようとする試みのようです。
触れ込みでは画像から地形や傾きを判別させてるってことですが、そんな面倒なロジックを入れなくても普通にジャイロセンサーを使えば良いだけのような・・・。
しかし、そんなことよりYAMAHAがこんなものを出してくるあたりに驚きを禁じ得ないところ。
な、何をたくらんでいるんだ?みたいな(笑)

最近本屋でもライディングスキル上達を扱ったムック本をよく見かけますし、警察なんかがやってる講習会もそうそう参加できる訳でもありませんから、一定のユーザーは確保できそうな気がします。

とりあえずさぼてんはつい先日中華の激安ドライブレコーダーを走行中に落下させて破壊してしまった前科がありますので、とてもじゃないけどiPhoneをハンドルへ取り付けるような勇気はないです・・・。
中華なブツなら諦めもつくけど、さすがにiPhoneがそんなことになったら泣くに泣けないって言うか。

・・・と、ここまで書いてYAMAHAのサイトを見るとiOS7では不具合が出るらしくて公開停止してました。
どおりでStoreのどこ探しても見つからない訳だ(笑)

アップデート予定は不明。うーむ・・・



「鬼の半クラ」パーカーとTシャツ届く

2013-11-22 21.32.26

2013-11-22 21.32.26

「バイクな店舗」の方でもネタ元にさせていただいている中古バイク販売のホワイトベースさんが、アパレル関係の物販を開始したとのことでパーカーとTシャツを注文してまして、それが本日到着しました。

この「鬼の半クラ」というフレーズは、過去のホワイトベース動画の中で店長の二宮さんから発せられたもので、教習所でのワンポイントアドバイスをするというカタチでバイクの発進や低速走行についてお話されていた中で出て来た言葉です。
パーシャルアクセルの説明もされてましたが、これも含めて実際にバイクへ乗ってるとある時期になって「あ、こうすりゃいいのか」と感じるというか、我流で自然とそういうやり方になっていくもののようですが(たとえさぼてんクラスでも)、何も知らない時期だと感覚がわからないんですよね。
教習所ではいちいちそんな細かいところまで教えてたら時間が足らなくなっちゃいますからそういうのは端折っちゃうし。
だから余計に教えてもらう側は必要以上にビクビクしてしまうっていうか、もちろん検定に受かりたいのが一番ではあるんだけど、本質的に知りたいのって実はそういう微妙なところだったりするんですよね。
鬼の半クラ動画が異常な閲覧数なのもそういった需要を吸収しているからでしょうし、ホワイトベースの名を知らしめたのも実はこれなんじゃないかなぁと想像してみたりします。

さぼてんにバイクを教えてくれた人も、(言葉は違いましたけど)パーシャルアクセルの位置を掴むことと鬼の半クラ習得で、発進はもちろん、教習も検定も8割方もらったようなもの!みたいなことをおっしゃってました。
(残り2割はリアブレーキらしい)

半クラもやり過ぎるとクラッチ滑っちゃうんでコワイところではあるんですけどね~
どうせ教習車だから、みたいなノリもあるのかな?

さてこのTシャツやパーカー、先行予約では数百着の注文が入ったようで発送が大変なことになった模様。
そんな中で既に入手した人たちの間では早くも「これを着て走る」という声が上がって来ています。
もしかするとこの週末、道の駅みたいなバイクが集まるスポットで突如「鬼の半クラブーム」が巻き起こる、みたいなこともあながちありえなくないような気がします。
というか市販の大量生産品は別として、この手のバイクグッズで過去ここまで売れたものってあるんだろうか?的なことまで考えると、実はとんでもないことが起こってる可能性すらあるんじゃないでしょうか。

わたしもこれ着て出動したいんですが風を通しまくりのこの時期、革ツナギ持ってないからさすがに厳しいかな。
これを下に着ちゃうと意味ないですもんね。

て言うかわたしが注文した時は白・黒・青の3色だったのに、緑とか青でも濃いヤツとか知らないうちに色が増えてるし。
緑があるならそっちが良かったなぁ。



6 / 6« 先頭...23456

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。