バイクな物品

ハーレー、2014年度版公式iPadアプリを公開


https://itunes.apple.com/jp/app/hdj2014-hd/id783491439

いわゆる電子カタログみたいな感じ?
これ毎年出してるんですね。圧倒的なネームバリューにあぐらをかいてないのはさすが。
(まぁ儲かってますからねぇ)
今まではiPhone用が出た後でiPad用が出ていたようなんですが、今年はいきなりiPad用をリリース。
当然iPhone用も追加されるんでしょうけど、先にiPad用を出すのがタブレットの普及の現れっぽくて注目したいです。
バイクでiPad持ち歩こうって人はそうそういないでしょうから、家とか屋内での閲覧を目的としてるんでしょうか。

このアプリには個人的に超期待している例の750/500の新型バイクは含まれてない模様なのでちょっと食指が動かないというか、ヘタにこれでV-RODなんか見てた日にゃウズウズしてしまって(まだローンも残ってるのに)えらい行動を起こしてしまいそうでコワイのでわたしは入れません(笑)

そんな中、試乗車がある販売店を検索できるのは嬉しい機能。
試乗には予約が必要っぽいので、出先で突如思い立って・・・というのはできなさそうですけど、ハーレーのことだから何かしらやってくる予兆なのかも。
ハーレーでコケちゃったら目も当てられないので試乗は試乗で非常にコワイ訳ですが。 ←相変わらずのヘタレ



電熱グローブを買う

指先冷え冷え問題はハンドルカバーを付けることで一気に解決を図ろうとしていたんですが、やっぱり二の足を踏んでしまうルックス問題。
ということでいろんな意味で無駄なあがきをしています。
今回買ったのはRSタイチのe-HEAT グローブ RST595というやつ。
コレ

光り物に惹かれるっていうおっさん&DQN体質から抜け出せず、スイッチ部が光るっていうところが購入のポインツ。

amazonではスペアバッテリーが無かったので楽天に注文したものの、受注連絡すらなし。
こりゃショップ評価0点だな。
最近楽天で買うとこういうショップにぶつかる確率が上がったように思います。大丈夫か?楽天。

開梱の儀式を経てブツを見てみると、これだけで防寒できるんじゃない?ってくらいえらくゴツイ。
と言うか、これが冬用のデフォルトなのかと考えると今までの自分の装備はあまりにも貧弱すぎた感が・・・
冬なめんな!って感じ?

2014-01-12 15.42.30

バッテリーは充電時間は8時間。まぁこんなもんでしょう。長めの袖?的なところへ収納。
結構重めなんだけど気になりません。ハンドル持ってるしね。
温度は3段階に分かれてて、スイッチ兼インジケーターの発光色によってわかるようになっています。
赤>橙>緑
みたいな感じ。
当然持続時間は温度が低ければ低いほど増えるって寸法。
説明書によれば
赤 2時間
橙 2.5時間
緑 3時間
電熱線が入っているのは手の甲と指。指が冷えるのは実感してましたけど甲も冷えるのか?
このあたり発熱部位指定ができれば、甲は切ってその分持続時間の延長が図れるんだけどな。

ということで、「オートスナックの旅 その3」の時に装備して出発しました。

これだけゴツイんで、とりあえず作動させずに出発。
「お~、これなら何もしなくてええな!」と思ったのもつかの間。
40分ほどでギブしてスイッチオン。(それでも40分何も無しでいけたってのは嬉しい)
スペアバッテリーも無いのでどうなるかわからないこともあって温度は最弱の緑。
手の甲はすぐ暖かさを実感。指先は・・・んー、なんとなく温かいかなって程度。
常に冷やされてる状態で若干なりとも暖かさを感じるというのは、最弱と言ってもかなりの発熱なんだろうと思います。
ただそれも感覚としてはちょっと冷えるなって感じ。
だもんで橙や赤も試してみたかったんだけど、今回は切れた時の怖さが勝って切り替えるには至らず。

途中は割愛というか、オートスナックの旅とかまたYOUTUBEにも上げようと思ってるのでそっちでも見ていただきたく。

緑の標準持続時間は3時間。
電源入れたのが午後3時。
時間的にリミットは6時。
そして電源が落ちたのは6時10分。
途中うどん食べる時は電源切ってましたので、持続時間はほぼカタログ通り3時間ということになると思います。
今後バッテリーもへたっていくでしょうから3時間切るようになりそうだな・・・。
今回は全行程約200kmくらいだったので、今後はスペアは2つくらい用意して橙での運用を考えたいですね。

で、そのバッテリーですが何の予告も無く(厳密に言えばインジケーターが切れる直前にキラキラする)突如切れます。
ここから地獄の時間がやって来ました。
まぁ冷える冷える。
ここで電熱の効能が身に染みてわかりました。この冷え方からして相当温めてくれてたんだなと。
なんせ途中、あともう数kmで我が家ってくらいのところでも我慢できなくなって自販機でコーヒーを買って手を温めることに。
熱かったコーヒー缶が一瞬でぬるくなったっていう(笑)

今回はボディプロテクターやレッグウォーマー、つま先カイロなどを装備して出かけました。
そうなると対策してない部位(腹とか太もも)の冷えが顕著に。
腹は腹巻きが必要になりそうですねぇ。
太ももはどうしよう?チャップスみたいなのしないといけないのかな?
アメリカンアメリカンしたやつってちょっと抵抗あるんだけどな。

秋からこっち、ずっと防寒対策を練ってるもののよくよく考えたら気温もどんどん下がってる訳で、前やった対策がそのまま今回も生きるって訳では無いんですよね。
で、わたしのことだから装備がようやく充実したと思ってたら、もう春が来てたってことになるんでしょうナ・・・。



レディスバイク2月号、買ってきました。

2013-12-30 09.14.36

バイク買う前っていうのは不安も大きいし、ちょっとでも情報を仕入れたいと思っていろいろな雑誌を手当たり次第あさってました。
そんな中、初心者的琴線に触れたのは
・タンデムスタイル

・レディスバイク
の2誌。

特に後者は女性向けなんですけど、初心者を対象にしているので(女性=初心者ってのも失礼な話のような気がしないでもないですが)わたしみたいな真逆に位置するおっさんにとっても非常に有益な情報が多くて、女性に限らずビギナーにとっては最高にオススメな雑誌だったりします。

この雑誌でわたしが一番注目しているのは、イベントなんかに来た方をファッションスナップと称して写真を撮ってその人のこだわりの一品的なインタビューをしてるコーナーです。
つま先も全然ぴかぴかなブーツを履いてたりするので、正直仕込みな空気がしないでもないんですが、そこで紹介されているグッズはすごく参考になります。
「ほほぅ、そんな便利なもんがあるのか」的な。
当然女性向け雑誌なのでおっさんがそのまま使うには難があるようなものばかりだったりもしますが、これの男性向けとか無いんかな?みたいなとっかかりとして良いなと。
特にわたしみたいなボッチライダーは「この前一緒に走った○○さんが良いの持ってた」的情報は一切入ってきませんので(寂)、こういうところから情報取らないと何もわからない状態に陥っちゃうんですね。

と、いうことでレディスバイク、2月号が出てましたので買ってきました。
え?2月号?(笑)

今回の特集は・・・よくわからん。
なんか占いとかやってたのでこんなところはスルー。
ただスルーする中にもパワースポット巡りに絡ませて、ツーリング中の心得なんかをピックアップしてたりなんかして参考になります。言われてみれば当然なんですけどこうして「疲労は寒さや音、振動からも来る」とか「バックパックも疲労の一因」みたいに解説してくれてるのは非常にありがたいです。
こういうこと書いたものってホント無いんですね。
しかしスキンケアあたりはもう完全スルー(笑)

前述のファッションスナップはやはりブーツ系が多くて、もうブーツがぼろぼろになってるさぼてん的にはこれをじっくり見たくて購入したと言っても良いほどのもの。
茶系は良いですね。
どうしても全体的に黒っぽくなっちゃうだけに足元に茶系入れるの良いな・・・



三脚

2013-12-19 21.33.04

普段は悲しくなるので鏡はおろかiPadに反射してる自分の顔すら見たくないんですが、せっかく写真を撮るなら景色だけじゃなくて自分が写らないと意味ないでしょ!と思って三脚を購入。 ← いつも1人寂しく走っているので撮ってくれる人がいないのだ

今amazonで検索すると1250円ナリなんですが、たしかわたしが買った時は880円でした。(楽天で買ったかも)
しかし880円で(ペラペラだけど)カバーは付いてくるし保管用のダンボールもちゃんとしたもので来るっていうのは、円高・デフレも来るところまで来てたんだなぁとしみじみしてしまいます。
中国産なんでしょうけど。

最初はちょっと恥ずかしかったんですが、慣れてくると割と平気になるセルフタイマー撮影。
まだポーズする程までにはなれないけど。

デジイチなんか付けたら即転倒&大破となるような華奢なフレームなのでコンデジしか付けられない。
でもこれで逆にコンデジをよく使うようになった。
かつてはカメラな人を見て「カメラ何台も持って何やってんだろ」なんて思っていたものですが、そういう世界を垣間見るようになると「なるほど」と思うことがよくありますね。

アルミだから軽量だし、デグナーのサイドバックにちょうど入るくらいコンパクトにたためます。
一応水準器も付いてるんでまぁまぁ使える(笑)

とっかかりに中華を選んで結局・・・ってなるのはそろそろ理解し始めてるところなんですが、こういう安価なもので使い方に慣れるというか覚えていくというか、そういうのもアリかもなぁとも思ったりします。

三脚に使い方もへったくれも無いんですけどね(笑)

いよいよデジイチで撮りたくなれば良いのを買いたいと思ってます。



Bluetoothヘッドセット DN-82875

2013-04-30 23.03.42

こういうアヤシげなブツは言うまでもなく上海問屋。4999円。激安(笑)
ホンワカと走ってるとちょっと退屈だったりするので、音楽とかPODCASTを聴こうと思って購入しました。

このブツは複数台を直にペアリングしてトランシーバー的な使い方ができるって訳じゃなくて、会話したい場合はBluetoothの機能を利用して携帯とペアリングさせることで「電話回線を使えば会話もできますよ」という位置づけのもの。
だから当然通話料は発生するし、お互いがそのキャリアの圏内にいないと使えない。
ま、基本ひとり走りのわたしは通話機能なんかはどうでも良く(だからマイクもいらん)、ナビやiPhoneとペアリングすることが主目的。
構想としてはBluetoothでナビと繋げて、iPod nanoを有線で繋ぐことで両方同時使用でいきたいという目論見。
接続コードは邪魔なんだけど、おっさん的思考ではどうしても有線接続にこだわりがち。

・・・てか音が小さいッス!

ボリューム最大にしてもフワっと聞こえる程度。
端子の接続が甘いのかなぁと確認するけどどこもおかしくない。
調べてみるとどうも中華系はそういう品質っぽい。

まぁ確かに、カーオーディオ用スピーカーでも有名メーカーの中華製バッタモンがかなり出回ってる昨今、あれだけの厚みをもってしてもかなり酷い音なのでこの薄さともなれば中華的に品質を上げることは不可能なんでしょう。

幸いにもスピーカーと本体との接続はminiUSBなので、こっち方面では有名どころのスピーカーに換えてみるかなぁ。
また内装剥がしてゴソゴソするの面倒だなぁ。



PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。