Tag ‘オフィシャル’

ネオクラシックモデルはやはりエストレヤ

1120

http://www.kawasaki-motors.com/mc/estrella/

カワサキから「東京モーターショー2013」向けとして予告されていた「250ccネオクラシックモデル」の詳細が発表されました。
大方の予想通り「250ccネオクラックモデル」とはエストレヤのモデルチェンジだということが判明。
元々エストレヤってレトロ風味って言われてるだけにパッと見、どこが変わったのかよくわからないくらいのマイナーチェンジ。
サイトにも「変わらないまま新登場」って書いてるし(笑)

メタリックブルー的な塗色はかつてのKHとかCBを彷彿とさせるんだろうけど、そんな名前を非公開にするくらいの隠し球だったのかな?と思ったり。先進技術が導入されてるようでもないし、価格が激安って訳でもないんだろうし。
J300の方がインパクトあるんじゃない?みたいな。

でも大きいウインカーが好きなさぼてん的にはウインカーの大型化は好感度アップ。
願わくばぽっこりサイドカバーもなんとかして欲しかったなぁ。(あれが良い!って声も多いみたいだけど)

エストレヤに限らずカワサキの低排気量車ってなにげに突如エンストする病が報告されてたりして、それは年度毎のマイナーチェンジでさりげなく解消されているので、今回のネオクラシックモデルで中低速に振ったというエンジン(とかインジェクション)にも何かしらの対策が施されてるような気配がプンプンしています。
これが心配で購入に二の足を踏んでる人もいるみたいなので、安心して購入に踏み切れそうですナ。
なにげにグリーン、いい味出してるし。

ツヤ消し黒塗装バージョンやオプションとしてのビキニカウルなんかも用意される様子。
これは250TRの廃止(未確認)によるカフェカスタム需要もこっちでフォローしていこうというものなんでしょうか。



ホンダ、スーパーカブにリコール発生

Screenshot of www.honda.co.jp

まともにホンダを取り上げたのはこれが最初のような気がしますが、いきなりリコールネタっていう。

前輪ブレーキにおいて、ケーブルエンドへのインナーワイヤー鋳込み位置が不適切なため、坂道などの駐停車時に使用するパーキングレバーの操作を繰返し行うと、ケーブルエンドが破損し、前輪ブレーキが利かなくなるおそれがあります。

とのこと。
このパーキングレバーって今回のモデルから追加された機構なので、あまり使ってる人もいないような気がしないでもないですし、そもそもカブってフロントよりもリアブレーキを使うことの方が多いと思うんですが、それでもブレーキのワイヤー切れってかなりヤバい欠陥なんじゃないでしょうか。
そうでなくてもこのモデルから中国生産に切り替えたことでカブファンの間ではその耐久性に疑問の声が上がっていただけに、それを裏付けるカタチになっちゃいましたねぇ。
「ほーら、言わんこっちゃない!」みたいな。

こんなワイヤーに負荷かけるような構造&中国生産ってもう『不具合出して下さい』って言ってるようなものだと思うんですが、今やコストメリットもなくなりつつあるし、パクられまくってるにも関わらず中国生産を続けるのはあの巨大な市場が口を開けて待ってるからに他ならない訳で。
国内へ輸入することが目的なんじゃなくて、完全に中国市場をターゲットにしてるんですね。国内分はあくまで中国のおまけ。
とにかく国内と比べて桁が2つ3つ、へたすりゃ4つ違う市場なんですからそこをみすみす捨てるなんてことはできないでしょう。
ホンダの象徴、CBだって中国メインって言って良いくらいですもんねぇ。

とりあえず品質と耐久性(と燃費)っていう、イニシャルよりはランニングコスト重視のカブなんだから、少々高くても国内生産でやって欲しいと願うばかりです。



東京モーターショー2013のプレビューナイトでAKB48サイン入りTシャツが

Screenshot of fes.tokyo-motorshow.com

11月23日から始まる東京モーターショー2013に先駆けて行われる前夜祭、プレビューナイトに巨大な釣り針が垂らされる模様。

デイリーマガジン「TOKYO MOTOR SHOW 2013 NEWS」の表紙でAKB48メンバー24名が着用したものと同じTシャツに、それぞれのメンバーのサインを入れてプレゼント!
プレビュー・ナイト内で配布される抽選券を手に入れて、メンバー24名分+集合サイン入りTシャツの25種類の中から、お目当てを狙おう!

とのこと。
着用したもの、じゃなくて「着用したものと同じ」ってのがポイントでしょうか。
プレビューナイトは17:30開演の20:00終了で、抽選が19:20~ってことですから、引っ張りに引っ張る訳ですね(笑)
まぁこんなの17:40に抽選しちゃうとその後の18:30くらいから1時間半くらいはガラガラってことにもなりかねないので「ま、そうするわな」ってところでしょうか。

でもこれを契機にしてAKBのファンの方々がバイクにも興味持ってもらえると良いなぁと思います。
入り口とか関係なくて、バイク人口が増えればそれは全て正義。
なんだったらメンバーの方もバイクに興味持ってくれる方がいれば最高ですね。フルフェイスかぶれば走っててもわからない訳ですし、下世話な話をすれば自分を世間に認知される手段として使ってくれるってのも大アリだと思う訳です。
いや、むしろそうして欲しいとまで思います。
相乗効果で良いことだらけしか無いんじゃないかな~みたいな。
事故とかあると意味不明なマスコミが叩くかもしれないですけどねぇ。

で、その「TOKYO MOTOR SHOW 2013 NEWS」、毎回恒例のパンフレットのようですが調べてみてもいまいちよくわからない・・・
日替わりで毎日会場内で配布されるんだとか。
AKBとのタイアップだって相当なお金が動いてるんでしょうに、表紙を毎回換えるとかお金かけてるんですね~。

ま、プレビューナイトの入場料が3000円で1万人ってことは、そこで3000万円入ってくる訳ですけど・・・

この3000万を確保するためのAKB導入なのかな?



アメリカン&クルーザーバイクに特化した情報サイト、「アメリカン・ライド」が開設

Screenshot of www.bikebros.co.jp

バイクブロスからののれん分け。
レビューなんかもバイクブロスのものを移転させている模様。
クルーザー乗りとしては「ようやく独立できたか!」ってところなんですが、一方では「隔離されたのか?」みたいなことを感じてみたりもします。

なんせこの手のバイク乗ってると全然ヤエーしてもらえないのよ・・・(泣)

ざっと眺めた感じでは扱ってるのは圧倒的にドラッグスター、+αでハーレーみたいな感じ。
まぁシェア的にそうなんだろうから当然と言えば当然な話。

現在絶賛発売中の雑誌「カスタムバーニング」でも特集されているように、ストリート系ということでSR400や250TRあたりをこういう仕様に改造してる人もいるんで、そっち方面もどんどん取り上げてってくれれば本来のクルーザー・アメリカン的なカテゴリからだけじゃなくて違った方面からの盛り上がりも期待できるかも。
なぜにわざわざSRや250TRを改造?とも思う訳ですが、クルーザーと言うよりももっとライトなテイストの市販車が無いんですよね。
重厚なハーレーをも軽量化させてる人もいたりしますから、そっち方面のニーズもフォローしてくれると盛り上がりに一役買えそうな可能性を感じます。

結構売れてると思うんですけど、ハーレー以外のクルーザーってあまり情報なくって。
ワタシがレイダー買う時もホントに情報が無くて困りまして、その中でもバイクブロスのレビューには大いに助けられたものです。(年式古かったけど)
よほどその造形に惚れてない限りは情報の少なさから不安を覚えて違う車に・・・なんて人もいると思うんで、PRESTO系の逆車も新年度式が出ればレビューしてくれるとかきめ細かいフォローをやってもらえると助かる人も多いんじゃないでしょうか。



カワサキ、遂にスクーター市場へ参入のウワサ

Screenshot of www.khi.co.jp

カワサキがイタリア・ミラノで11/7~11/10に開催された「ミラノショー2013」に、新Z1000と並んで「J300」を出品した模様。
スクーターって言ってもその名の通り300ccなので日本的に言えばビクスクのカテゴリへ入ることになるとは思うんですが、参考出展なんかじゃなくてれっきとした2014年のヨーロッパ向けニューモデルの発表ってところに期待を抱かずにはいられません。

・・・とはいうもののどうもこのJ300、台湾最大のバイクメーカーKYMCO(キムコ)のOEMなんだとか。
「そんなメーカーがあったのか」ってことでKYMCOのサイトを見ると、なるほどDownTown300iってのとすごく似てます。
この日本的に見れば微妙な排気量なのも、出力基準のヨーロッパとか250cc超っていうカテゴリのある台湾ならではの基準なんですね。
ただこれも単にカワサキモータースヨーロッパとKYMCOだけの話じゃなくて、一部情報では日本のカワサキも1枚噛んでるって話もあって、そうなってくると俄然国内販売=125ccの追加っていう可能性も(脳内でw)浮上して来て追加情報が非常~~~~に待たれるところです。

なぜならさぼてんが原2を欲しがってるから(笑)

このJ300はミラノショーより後に開催される東京モーターショーには出品されませんし、今や海外の情報を詳細に流すことができるマスコミもないと思われるのでまたもカワサキファン(とさぼてん)のモヤモヤは続きそうです。

かつてさぼてんがDioに乗ってた頃はスクーターも多種多様で売上も各メーカーともに主力クラスだったと記憶しています。
それでもなおカワサキがスクーター市場に本格参入しなかったのは、そういう販売網を持ってなくて営業戦略上ホンダやヤマハには太刀打ちできないからだとか、二輪に対する考え方の違いだとかいろいろ言われていましたが、たしかカワサキからの公式見解は出ていなかったと思います。
KLX125とかDトラッカー125っていうラインナップを持つカワサキなら昨今の原2ブーム?的なものの手応えも感じてるでしょうから、今こそ国内でのスクーター販売にも本格的に殴り込んで来て欲しいところですナ。
アドレスVとガチ勝負できるようなのを作れるのはカワサキなんじゃないかと。

とりあえずJ300はルックスがPCXそっくりなのが国内発売における最大のハードルのように思います(笑)



ブーバイク本舗STORES店

再度オープンしました

ブーグッズを安価でひっそり配布中
なんと送料はブーバイク負担
(なのでまとめ買いを懇願)
コンビニ払いもあるヨ

LINEにて更新情報送信中

登録いただいたら更新連絡がLINEにてメール送信されます。

どうでも良い楽屋噺付き(笑)

LINEのID検索で@gwt6639f よろしく。(@も必要)

PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたら送信ボタンをクリックして送信して下さい。