*

ウィンダムか? ~MT-10発表

ヤマハ発動機株式会社は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた998cm3 水冷・直列4気筒エンジンを搭載する新製品「MT-10 (エムティー・テン)」を、2016年5月末に欧州で発売予定です。また本モデルは、11月19日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」にて展示します。

20151117_news_y01

タイガーエクスプローラーのメガロ的な見開いた目も嫌いですが、ウィンダム(車じゃなくてカプセル怪獣の方)的な奥目の八っちゃんみたいなこれもあんまり好きじゃない。
あと緑のホイールどうなん?というのもありつつ、重量がどれくらいになるかが探せなかったんですけど850ccのMT-09が脅威の188kgですから(ちなみにCB400は200kg)、これも1000ccではありえないような軽量さを実現してるのはほぼ間違いないと思われ。

そうなってくると日頃からバイクと本人の重さに悩まされてるわたし的にはルックスはさておき俄然注目度が増してくる訳です。

ただ説明の中に「低中速のトルク特性を重視したセッティングを施し、クロスプレーン型クランクシャフトの特徴であるリニアなトルク感とコントロール性を備えたエンジン」という一文がありまして、これがまぁわたしには何を言ってるのかさっぱり理解できないという(笑)
それでも無い知識と読解力を絞り出して解読するに、これはスピードの出せない街乗りや峠道でもアクセルワークに応じて瞬時に反応しますよってことなのかな?と想像したんですが、わたしもそうそういろんなバイクに乗った経験はないけれど、仮に従来のエンジンがアクセルからワンテンポ遅れて反応するようなものだとすればそれはそもそもの基本設計が間違ってるような気がしないでもなく。

予定価格不明。
MT-09がZ800よりちょい安目なんで、こっちも120万のZ1000よりちょい安目の115万あたり?

あとリアリートが細いですねぇ。これじゃ積載に苦労するじゃないか!・・・ってバイクを見てそんなことを感じるようになれた今日この頃です。

LINEで送る
[`evernote` not found]


ブーバイクポッドキャスト、第92回目アップしました。


https://itunes.apple.com/jp/podcast/bubaikupoddokyasuto/id760661083?mt=2
足が死んでいます。たぶん足の2、3本は折れています。(え?3本目の足?)
・いきなり脱線トーク
・隠し芸のネタ差し上げます
・京都へ行ってきました
・上げ底評価はいつか底が抜けます
・でも上を目指そう!(という結論で良いですか?)
・マハラジャ祇園と京都WINS
・京都の通りの話はまた今度
・田舎モンの方が足腰弱い
・火吹き竹製作中
・貧乏人の性と再び再燃するイントネーション問題
・この時期ありがち

LINEで送る
[`evernote` not found]


ブーバイクポッドキャスト、第91回目アップしました。


https://itunes.apple.com/jp/podcast/bubaikupoddokyasuto/id760661083?mt=2
慌ただしくなるとオーバーヒートしたかのごとく何もしたくなくなったりしませんか?
・気に入ったサイトやPodcastへamazonギフトを送りつけよう
・素材名をプリント
・ノーバディカミング(ミーティング)御礼
・もちろん来月もやります
・イングレスと125ccバイクが世界を広げる
・祖母との思ひ出
・超新星現る!
・生き残り策はあるのか?

LINEで送る
[`evernote` not found]


ブーバイクポッドキャスト、第90回目アップしました。


https://itunes.apple.com/jp/podcast/bubaikupoddokyasuto/id760661083?mt=2
この時間はもう瞼が重たくて編集どころの騒ぎではありません。ミョーなところあればご指摘よろしくお願いしますw
・ウイスキーと煙草
・B6君&ライクスッカーミニ&メスティンで料理ダ!
・「主に私が」
・保元の乱(チガウ)
・特権階級・隼
・時にデカバッグ
・ブージャンパー、あれは良い物だ(ステマ)
・プライムブックス?

LINEで送る
[`evernote` not found]


さぼてんキャンプ3で使った道具あれこれ


なんせ今回一番の新兵器はB6君だったのですが、そっちは散々PODCASTで話したので割愛するとしてますはコレ。

ユニフレーム ライスクッカーミニDX

これまでずっとレトルトごはんばっかりだったわたし。
あれはあれでお手軽&便利ではあるものの、どうもあのねっちょり感とお皿に移した時のダメダメなルックスがどうにもこうにもテンション落ちてしまっていた訳で。
ライダーキャンパー的にはメスティンで炊飯というのが定番っぽいんですけど、例のアレ

 

 

 

 

2015-05-05 11.39.36

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が頭にありますもんで正直メスティンでちゃんとご飯を炊く自信がなく、今回これを導入するに至りました。

今回挑戦したのは「松茸を使わない(そして永谷園のお吸い物の素も使わない)松茸ご飯」
ここでミソなのは枝豆なんですが、どれくらい入れて良いかわからなくてちょっと遠慮しちゃったので風味が出なかった・・・。

で、このライスクッカーミニでの炊飯方法。
1.強火で加熱
2.ふきこぼれたところで蓋のカタカタが無くならない程度に弱火にする
3.シューシュー&カタカタが無くなったところで10秒だけ強火にして消火
4.10分ほど蒸らしてできあがり
こんな感じでわたしにもご飯が綺麗に炊けました。やったー
2015-11-21 16.42.00
あまり美味しそうじゃない・・・ですが、上手かったッス!

ただ2合はあまりにも多すぎました。残す訳にもいかないんで全部ハラに詰め込みましたけど苦しかったなー。

3合炊きですが3合炊くと吹きこぼれるようです。
2合でも死にそうだったのに3合なんてとてもじゃないけど食べられまつぇん。

 

 

 

 

ちなみにこれは吉野家のお茶碗。スタンプためてもらいました。うふ。
2015-11-21 16.42.09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次の秘密兵器はコレ

ドッペルギャンガー ライダーズワンタッチテント

またテントか!
で、またドッペルギャンガーか!

タープ設営に手間取ることを想定してその他の労力を極力減らしたくて導入。
「5分で設営5分で撤収」っていうのは決して大げさな表現では無いというのを実感しました。
折りたたみ傘をやるような感じで「え?これで良いの?」っていうほどあっさり終了。
ネックとなるのは収納時の大きさでしょうか。
(他の荷物との兼ね合いになりますが)設営も撤収もモタモタしちゃうわたし的には今後大きな戦力になってくれそうです。
でも設営・撤収を繰り返すとどこかが破れそうな雰囲気も。
あと中は縦方向がちょっと狭いかな?という印象。身長が175cmを越える方には向いて無いように思います。

ワンタッチテントって収納の時に生地をきっちりたたんでいかないとどうにもこうにも袋へ収納できなくなりがちなんですが、これは袋が大きめ&ぎゅぎゅぎゅっと縛れるコンプレッションベルトによって、なんか適当でも良い感じに収まってくれました。

この手軽さでのアドバンテージは大きさでのマイナスをカバーして余りあると感じております。

続いてコレ

謎の寝袋


見てもらえばわかるようにえらく小さい

今まではこっちの寝袋を使っておりまして
ロゴス ウルトラコンパクトシュラフ

これは圧縮してくれるんで小さくはなるんだけど、その圧縮が縦方向なんでずんぐりむっくりになるんですよね。
わたしの持ってるキャンプ道具って細長いモノが多いんで、これが収納時にバランス取れなくなって困っていたのです。
でもちょっとこれは失敗だったかな。ペラペラでこの時期ちょっと防寒には厳しいのと、何よりも横幅がないんでわたしクラスになると腕が中に入らない。
毛布をレンタルしてなかったら寒さでどうにもならなかったように思います。
これはもっとスリムな体型の方がもっと暖かい時期に使うようなブツですね。

そして

エリッゼステーク ペグ 18cm 赤

ソリッドステークにしないあたりが天の邪鬼風味満点で、そんな自分が情けなくもあり愛おしくもあり(笑)
というか色付きで目立つやつが欲しかったのです。
そんな固い地面でもなかったとは言うものの、タープ付属のと違って曲がる気配も微塵もなくガシガシ入ってくれて気持ち良いです。
その分抜くのもナンギしましたけど。
あの謎の穴はあそこへ他のペグを引っかけて抜くためのものなんですね。考えて作ってあるんだなぁ。

GREATTOOL ショックレスハンマー 1.0ポンド

ずっと100均のゴムハンマーを使っていたのですが、「え?こんなので良いの?」っていうような大きさの金属なハンマーをブーバイク伊那で貸していただきまして、ボヨンと跳ね返るようなハンマーじゃだめなんだ、ということに気付く。
そんなことどこのサイトでも説明してないじゃないか! ←また人のせいにする
でも今までの経験から、キャンプ場でカチンカチンいわせてるのは好きじゃないので音の出なさそうなものを物色しました。
重いけど良い感じ。
でも折りたためるようなのがあれば良いんだけどなぁ。

その他今まで使ってきたもので感じたこと。

ドッペルギャンガー インフレータブル キャンピングマット

前にこれも同じくドッペルギャンガーの

コレを2つ折りにして(厚みを出すため)使っていたんですが、どうにもこうにもかさばるんで2つ折りにしない前提でブーバイクしまなみで導入したマットがコレ。

もうちょっと厚みが欲しいです。
快適に寝る、わたし的にキャンプではそこを追求したいというのがありましてもうちょっとなんとかならないかなぁ、ということを今回寝袋のいまいちさと合わさって痛感した次第です。

なんか追求した結果、銀マットになりました・・・ってことになりそうな予感もあったりなかったり。

そして予感と言えば今回B6君に大感動した訳ですが、なんか将来的にA4君が欲しくなるような予感をひしひしと・・・
ratさんからB6君をいただきましたので、今度は楽園会かナカヤマバイクラジオの方々からぜひプレゼ・・・

LINEで送る
[`evernote` not found]


PODCASTへの投稿やイベント参加表明はコチラから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか

OKでしたらチェックをして送信ボタンをクリックして下さい。

フォローよろしくお願いします。